DTMにおすすめの定番モニター・スピーカー 5機種まとめ 2018/2019

DTM

DTMに欠かせないのがモニター・スピーカーです。作っている音楽を正確に鳴らせなければ、定位や周波数バランスなどを適切に調整することはできません。

この記事では、DTMにおすすめの定番スピーカー、5機種を紹介します。

スポンサーリンク

モニター・スピーカーとは

モニター・スピーカーとは、レコーディング・スタジオなどでの音楽制作用に設計されたスピーカーのことです。原音に忠実で、全周波数帯域が均一に鳴るフラットな特性になっています。

一般的なリスニング用のスピーカーは、低域が増幅されているなどのクセがあり、原音に忠実ではありません。

ミキシングなどを正確に行うには、リスニング用ではなく、クセのないモニター用のスピーカーを使う必要があります。

モニター・スピーカーの選び方

フラットな周波数特性

モニター・スピーカーに求められるのは、全周波数帯域が均一に鳴るフラットな周波数特性です。聴き慣れたレファレンス音源を再生してみて、強すぎたり弱すぎたりする帯域がないかチェックしましょう。

音量を変えても一貫性のある周波数特性

音量を変化させたときに、周波数バランスの変化がなるべく少ないほうがよいです。

高出力時のクリーンさ

必要な範囲で音量を上げたときに、歪みがなくクリーンに鳴っているかを確認しましょう。

適切なサイズ

サイズは、大きければ大きいほどよいというわけではなく、鳴らす音量に応じたサイズのものを選ぶ必要があります。小さなスピーカーは、小さな音量で鳴らすのに適しており、大きなスピーカーは、大きな音を出したときに、その性能を十分に発揮します。DTM用途であれば、特に大きな音を出せる環境でなければ、3 ~ 5インチのウーファーのものがよいでしょう。

おすすめモニター・スピーカー

Yamaha / MSP5 Studio

Yamaha / MSP5 Studio の特徴

  • プロ用スタジオやDTMの定番です。
  • 音の解像度が高いです。
  • 5インチのウーファーです。
  • コスト・パフォーマンスがよいです。
  • 51,000円ぐらい(ペア)

メーカー・サイト

Yamaha / HS5

Yamaha / HS5 の特徴

  • DTMの定番です。
  • 5インチのウーファーです。
  • はじめてモニター・スピーカーを購入する方におすすめです。
  • コストパフォーマンスがよいです。
  • 28,000円ぐらい(ペア)

メーカー・サイト

Genelec / 8020D

Genelec / 8020D の特徴

  • Genelec は、フィンランドのプロ用モニター・スピーカーのメーカーです。
  • コンパクトでありながら、高音質です。
  • プロのスタジオの定番です。
  • 付属のスピーカー・スタンドで、テーブルなどへの振動の伝搬を防ぎ、周波数特性がくずれることを防ぎます。
  • スタンドにより、スピーカーの軸を正確にリスナーに向けることができ、適切なモニタリングが可能になります。
  • 4インチのウーファーです。
  • 最小サイズの 8010A (3インチ・ウーファー)、一つ大きい 8030C (5インチ・ウーファー)もおすすめです。
  • 120,000円ぐらい(ペア)

メーカー・サイト

Mackie / CR3

Mackie / CR3 の特徴

  • Mackie は、アメリカのオーディオ・メーカーです。
  • コンパクトで、小さなスペースにも設置できます。
  • 3インチのウーファーです。
  • 高さ調整が可能で適正なリスニングポイントに設置でき、かつ無駄な低域を排除してくれるアコースティック・アイソレーション・パッドつきです。
  • コスト・パフォーマンスが高いです。
  • 12,000円ぐらい(ペア)

メーカー・サイト

IK Multimedia / iLoud Micro Monitor

IK Multimedia / iLoud Micro Monitor の特徴

  • IK Multimediaは、イタリアのオーディオ・メーカーです。
  • 世界最小クラスのコンパクトな設計で、スペースに余裕がない方に最適です。
  • コンパクトでありながらも、高品質なウーファーとツィーターを搭載しています。
  • 大口径バスレフ・ポートを装備し、クラス最高水準の低音域の周波数レスポンスを実現しています。
  • Bluetooth接続も可能で、リスニングにもおすすめです。
  • 33,500円ぐらい(ペア)

メーカー・サイト

まとめ

これら中では、Yamaha の MSP5 Studio、または、HS5 がDTM用途では、もっとも定番で無難な選択です。

予算に余裕があれば、Genelec / 8020D、なければ、Mackie / CR3 がおすすめです。小型がよければ IK Multimedia / iLoud Micro Monitor がおすすめです。