DTMでのボーカル用おすすめマイク

DTM機材

この記事では、DTM用マイクの選び方を解説し、おすすめのマイクを紹介します。

ダイナミックマイク/コンデンサーマイク

マイクは、音波を電気信号に変換する方式によって、大きく2つのタイプ、「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」に分けられます。

ダイナミックマイクの特徴

Shure / SM58

ダイナミックマイクは、カラオケボックなどに置いてある一般的なタイプのマイクです。

主にライブ用に使われますが、レコーディングに使われる場合もあります。

ダイナミックマイクは、頑丈で壊れにくく手に持って使うことができます。

音の感度が低く、ノイズを拾いにくいです。ロックボーカルやエレキギター、ドラムなど大きな音の録音などに向いています。

一般的に、コンデンサーマイクより価格が安いです。

DTM用途では、ロックなどのパワフルなボーカルの録音をしたい方や、ノイズのない静かな環境で録音できない方におすすめです。

コンデンサーマイクの特徴

Shure / SM58

コンデンサーマイクは、レコーディング用のマイクです。

音の感度が高く繊細な音が録音できます。バラードのボーカルや、アコギ、ピアノなどのアコースティック楽器の録音に向いています。

音の感度が高いため、ノイズを拾いやすく、録音に適した静かな環境を用意する必要があります。手に持って使うことはできず、スタンドと振動を吸収するショックマウントと共に使います。

衝撃に弱く、壊れやすいため取り扱いに注意が必要です。また、湿気に弱く、乾燥した状態で保存しておく必要があります。

コンデンサーマイクには、電源が必要です。オーディオインターフェースから+48Vファンタム電源を供給して使用します。

DTMでのボーカル録音では、ダイナミックマイクよりもコンデンサーマイクが使われることが多いです。

ダイナミック コンデンサー
価格 安い 高い
用途 ライブ、レコーディング レコーディング
音の感度 低い 高い
耐久性 高い 低い
電源 不要 必要

おすすめダイナミックマイク

Shure / SM58

Shure / SM58

業界標準のダイナミックマイク

Shure / SM58 は、世界一有名なマイクで業界標準のダイナミックマイクです。

どこのレコーディングスタジオ、ライブハウスにも置いてあります。

ライブ用の定番製品ですが、プロのレコーディングにも使われています。パワフルなロック系ボーカル、声量のあるボーカルの録音に最適です。

明るい中域と、ロールオフされた低域でボーカル用に設計された音質です。

ポップフィルターやショックマウントが内蔵されておりノイズの混入を防ぎます。先端のグリルボールも交換可能で、長く使うことができます。

マイクを使うなら、必ず持っておきたいマイクです。

Classic Pro / CM5S

Classic Pro / CM5S

激安のダイナミックマイク

Classic Pro は、ネット通販の楽器店サウンドハウスのオリジナルブランドです。低価格で高品質、コスパのよい製品を発売しています。

CM5Sは、1000円強の激安ダイナミックマイクです。

低価格にもかかわらず、XLRコネクタ装備でボーカルの録音に必要な機能はすべて満たしています。

Shure / SM58 と比べると劣るものの、DTM初心者には十分な品質です。

リーズナブルな価格でマイクを導入したい方に最適です。

CM5Sは、オン/オフスイッチ付き。CM5はスイッチなしです。

Classic Pro / CM5S
Classic Pro / CM5S

おすすめコンデンサーマイク

Rode / NT1-A

Rode / NT1-A

ホームスタジオの定番コンデンサーマイク

Rode / NT1-A は、ホームスタジオの定番の低価格コンデンサーマイクです。

ショックマウントや、ポップフィルター、ダストカバー、XLRケーブルが付属しているので、すぐに録音を始められます。

低価格にもかかわらず、しっかりとした音質で、低域と高域がはっきりしているのが特徴です。

ボーカルだけでなく、アコギ、ピアノなどのカコースティック楽器の録音にも向いています。

初めてコンデンサーマイクを導入する方に最適です。

AKG / C214

Shure / SM58

プロ品質のコンデンサーマイク

AKG / C214 は、プロ用の定番コンデンサーマイクC414を、単一指向性にして低価格化した製品です。

手頃な価格で、プロレベルの高品質の録音が可能です。

明るい音質で、ボカールだけでなく、アコギやピアノなどのアコースティック楽器の録音にも適します。

専用ケース、ショックマウントホルダー、ウィンドスクリーンが付属しています。

手頃な価格でプロレベルのマイクを求めている方に最適です。

マイク以外に必要なもの

マイクで録音するには、マイクだけでなく下記のものが必要です。

  • マイクケーブル
  • マイクスタンド
  • ショックマウント(コンデンサーマイクのみ必要)
  • ポップガード(あったほうがよい)
  • リフレクションフィルター(あったほうがよい)
  • ヘッドホン

マイクケーブル

マイクケーブルは、マイクとオーディオインターフェースをつなぐためのケーブルです。

Canare / EC03

業界標準のマイクケーブル

Canare / EC03は、業界標準のLXRキャノン・マイクケーブルです。
3m、5m、7m、10m、15mのタイプがあります。DTMのホームスタジオ用途では3mのものがおすすめです。

Classic Pro / MIX030

Classic Pro / MIX030
Classic Pro / MIX030

低価格なマイクケーブル

Classic Pro / MIX030は、楽器の通販サイト、サウンドハウスのオリジナルブランド Classic Proによる低価格なマイクケーブルです。
1m、3m、5m、7m、10mのタイプがあります。

マイクスタンド

録音するときは、マイクは手に持たずスタンドに設置します。スタンドには、床置きのもの卓上用のものなどがあります。

ショックマウント

ショックマウント
ショックマウント

ショックマウントは、床の振動がマイクに伝わるのを防ぐためのものです。コンデンサーマイクを使うときに必要になります。

マイクスタンドにショックマウントを設置し、ショックマウントにマイクを設置します。

ポップガード

ポップガード・ポップフィルターは、マイクに息を吹きかけることによって生じる「ポップノイズ」「吹かれ」の発生をふせぐためのものです。

ポップガードは、マイクスタンドに固定し、口のマイクの間に設置して使います。

ポップガードには、ナイロン製のものと金属製のものとがあります。

ナイロン製ポップガード

ナイロン製のものは、価格が安いですが、高域が減衰し音が少しこもる傾向があります。また、洗浄がしにくいです。

金属製ポップガード

金属製のものは、価格が高いですが、音への影響が少なく、洗浄がしやすいです。

リフレクションフィルター

リフレクションフィルター
リフレクションフィルター

リフレクションフィルターは、ノイズや反射音を防ぐためのものです。リフレクションフィルターを使えばより、クリアな音質で録音できます。

リフレクションフィルターは、マイクスタンドに固定したり机に置いて使ったりします。

ヘッドホン

録音時には、モニタリング用のヘッドホンが必要です。ヘッドホンの音が漏れてマイクに拾われないように、密閉型のヘッドホンを使う必要があります。

【2020年】DTM用おすすめモニターヘッドホン25選
1万円以下の初心者用から3万円を超えるプロ用ハイエンド品まで、DTM・ミキシング・マスタリングに最適なおすすめヘッドホンを紹介します。