【2019年版】おすすめMIDIコントローラー

DTM

「MIDIコントローラーって何?」
「MIDIコントローラーの選び方は?」
「初心者におすすめのMIDIコントローラーは?」
というDTM初心者の方のために、MIDIコントローラーについて解説します。

スポンサーリンク

MIDIとは

MIDIとは、鍵盤などの演奏情報を機器間で送受信するためのデータ規格です。

MIDIを使えば、ノート・オン(どの鍵盤を、どれぐらいの強さで押したか)、ノート・オフ(どの鍵盤を放したか)や、つまみをどれぐらい回したかなどのデータを楽器やコンピューターの間で送受信できます。

MIDIコントローラーとは

演奏情報を出力する

MIDIコントローラーとは、MIDIデータを出力してDAWに記録するためのコントローラーです。鍵盤を弾いて和音を出力したり、パッドを叩いてドラムパターンを出力したりできます。

音は出ない

MIDIコントローラーは、MIDIデーターを送るためのもので、音は出ません。

MIDIコントローラーを使うメリット

メロディや和音、リズムパターンを演奏できる

MIDIコントローラーがなければ、メロディや和音、リズムパターンなどを鳴らすには、DAWにマウスでポチポチと入力しなければなりません。

MIDIコントローラーを使えば、鍵盤を弾いたりパッドを叩いて音を鳴らしながら、メロディやコード進行、リズムパターンを考えられます。

効率よく作業できる

MIDIコントローラーでの演奏情報をDAWに記録すれば、マウスで音符をひとつづつ入力するよりも効率よく作業できます。

DAWに記録された演奏情報はあとから修正できるので、演奏がそれほど上手でなくてもかまいません。DAWのクォンタイズ機能を使えば、タイミングのずれた演奏を、8分音符や16分音符などのグリッドにピッタリと合わせることができます。

機械的でない自然な演奏ができる

DAWにマウスで入力していくと、機械的で単調な演奏になりがちです。鍵盤などを弾いて入力すれば、自然なムラやグルーヴのある演奏になります。

MIDIコントローラーのチェックポイント

キーボード

キーボードは、メロディや和音を入力するのに使います。リズムパターンの入力に使うこともできます。キーボードの鍵盤数や、サイズ、タッチにさまざまな種類があります。

鍵盤の数

鍵盤数は、2オクターブの25鍵からフルサイズの88鍵までいろいろなものがあります。

鍵盤がどの音に対応するかは、動かすことができます。そのため、鍵盤数の少ないキーボードでも、1番低い音から1番高い音まで、すべての音を演奏できます。

例えば、25鍵のキーボードの場合、真ん中のドから2オクターブ下のドまでを演奏できるようにして、ベースを演奏する。あるいは、真ん中のドから2オクターブ上までを演奏できるようにして、リードのメロディを入力するといったことができます。

ピアノ音源などを使って、本格的なピアノ演奏などをしたい場合には88鍵のものがおすすめです。

鍵盤でしっかりと演奏したいが、88鍵もは必要ないという方には、61鍵盤がおすすめです。

作曲時に、コードとメロディを弾きながら考えるのに使いたいという方には、49鍵のものがおすすめです。49鍵あれば、コードとメロディを同時に弾くのにおおむね問題はありません。また、適度にコンパクトなので置き場の確保が容易です。DTM用途で、いちばん無難なのが49鍵のものです。

25~37鍵のものは、コンパクトさを重視する方におすすめです。大きなキーボードを置くスペースがない場合や、必要なときだけキーボードを出して使いたいといった方に適しています。25鍵の薄型のものは、ノートパソコンと合わせてモバイル環境で作業したい方におすすめです。

鍵盤のサイズとタッチ

鍵盤のサイズは、ピアノと同じサイズのフルサイズからミニ鍵盤まで、いろいろなサイズのものがあります。

鍵盤のタッチは、ほとんどのMIDIキーボードはバネ式の軽いタッチものですが、ピアノと同じような重いタッチのものもあります。

演奏しやすさを重視するなら、フルサイズでピアノタッチのものがおすすめですし、データ入力に使うのみであれば、ミニ鍵盤のバネ式でも問題ないでしょう。

パッド

パッドは、主にリズムパターンの打ち込みに使います。ヒップホップなどを作る方には、必須のインターフェースです。

パッドから出力されるデータは、キーボードからのデータと同じものです。どの高さの音をどれぐらいの強さで弾いたかというデータが出力されます。このため、パッドはキーボードで代用することができます。

つまみ / フェーダー

つまみやフェーダーは、DAW内のパラメーターを連続的に変化させるのに使います。

パラメーターの変化は、マウスを使っても入力することができますが、つまみやフェーダーを使えば、より直感的に入力できます。

シンセサイザーやエフェクターのパラメーターを操作して、音色を変化させるのが主な用途です。

接続方法

有線

MIDIコントローラーは、USBケーブルでパソコンと接続するものが一般的です。

多くの場合、MIDIコントローラーの電源は、パソコンからUSBケーブルを通して供給されるバスパワー式です。

無線

Bluetoothを使った無線接続のMIDIコントローラーもあります。

すっきりとした作業環境を構築したい方や、必要なときだけMIDIコントローラーを出して使い方におすすめです。

MIDIコントローラーの選び方

MIDIコントローラーは、必ずしもキーボード、パッド、つまみ/フェーダーのすべてが必要というわけではありません。音楽の作り方によって、どのようなコントローラーが必要かは異なります。

DTM初心者の方で、どのような機能が必要か分からないという方は、キーボード、パッド、つまみ、フェーダーがすべてついているものがおすすめです。鍵盤は49鍵で、フルサイズ、バネ式というのがもっとも無難です。

MIDIコントローラーのインターフェースの中で、もっともよく使うものは、キーボードでしょう。パッドやつまみなどの使用頻度が少ない場合は、キーボード用のMIDIコントローラーとパッドやつまみのコントローラーを別のものにすれば、常時おいておくものはキーボードだけという風にして、作業環境をコンパクトにすることもできます。

おすすめMIDIコントローラー

Akai / MPK mini MK2

AKAI / MPK mini MK2 はコンパクトでコスパのよい総合型のMIDIコントローラーです。
ノートパソコンとセットで使うのに最適です。

  • 25鍵 ミニ鍵盤
  • 8ノブ
  • 8パッド
  • ジョイスティック
  • USBバスパワー
  • 9,000円ぐらい

Korg / microKEY

Korg / microKEY は、コンパクトかつ引きやすいMIDIキーボードです。
場所をとらないキーボードを探している方におすすめです。
25鍵タイプは、ノートパソコンとセットで使うのに最適です。

  • 25 / 37 / 49 / 61 鍵のタイプがあります。
  • USB接続、または、ワイヤレスの2種類があります。
  • ミニ鍵盤
  • ジョイスティック
  • USBバスパワー / 単3形電池2本
  • 25鍵 : 5,000円ぐらい
  • 37鍵 : 9,500円ぐらい
  • 49鍵 : 13,000円ぐらい
  • 61鍵 : 15,000円ぐらい

Akai / MPD

Akai / MPD は、ヒップホップ系の音楽をつくりたい方に最適の、パッドがメインのMIDIコントローラーです。

  • MPD218、MPD226の2機種があります。
  • MPD218 は、16パッド、6ノブです。
  • MPD226 は、16パッド、4ノブ、4フェーダーです。
  • USBバスパワー
  • MPD218 : 11,000円ぐらい
  • MPD226 : 23,000円ぐらい

Roland / A-49

Roland / A-49 は、フルサイズ鍵盤のMIDIキーボードです。
フルサイズで弾きやすく、かつDTMに最適な49鍵のキーボードを探している方に最適です。
色はブラックとホワイトの2種類があります。

  • 49鍵 フルサイズ
  • 2ノブ
  • ジョイスティック
  • USBバスパワー
  • 10,000円ぐらい

Alesis / Q49

Alesis / Q49 は、シンプルな機能でコスパのよいMIDIキーボードです。

  • 49鍵 フルサイズ
  • ピッッチベンド・ホイール
  • モジュレーション・ホイール
  • 1フェーダー
  • USBバスパワー

M-Audio / Keystation

M-Audio / Keystation は、セミ・ウェイトのフルサイズ鍵盤のMIDIキーボードです。
演奏しやすいMIDIキーボードを探している方に最適です。

  • 61 / 88鍵 フルサイズ
  • ピッチベンド・ホイール
  • モジュレーション・ホイール
  • 1フェーダー
  • USBバスパワー
  • 61鍵 : 16,000円ぐらい
  • 88鍵 : 20,500円ぐらい

Novation / Launchkey

Novation / Launchkey は、コスパのいい総合型のMIDIコントローラーです。
フルサイズの49/61鍵、16パッド、8ノブ、9フェーダーとMIDIコントローラーの主要なインターフェースがすべて揃っています。
どのMIDIコントローラーを選べばいいか分からないという、DTM初心者の方におすすめです。

  • 49 / 61鍵 フルサイズ
  • ピッチベンド・ホイール
  • モジュレーション・ホイール
  • 16パッド
  • 8ノブ
  • 9フェーダー
  • USBバスパワー
  • 49鍵 : 21,500円ぐらい
  • 61鍵 : 28,500円ぐらい

まとめ

MIDIコントローラーがあれば、効率よく曲作りができます。

どれがよいか分からない場合は、49鍵の総合型がおすすめです。

関連記事

【初心者向け】DTM環境の作り方!必要な6つの機材を解説
「DTMを始めたいけど、どんな機材が必要?」「そもそもDTMって何?」「DTMとDAWの違いは?」というDTM初心者の方のために、DTMに必要な機材について解説します。