シンセサイザーと電子ピアノ、エレクトーン、キーボードとの違い

DTM

シンセサイザーに興味をもった初心者の方が、初めに思う疑問に「電子ピアノや、エレクトーン、キーボードと見た感じ似ているけど、どう違うの?」というものがあります。

この記事では、シンセサイザー、電子ピアノ、エレクトーン、キーボードの特徴とそれらの違いについて解説します。

スポンサーリンク

シンセサイザーとは

シンセサイザー(Synthesizer)とは、電子回路やコンピューター・プログラムによって音を合成(Synthesis:シンセシス)する楽器のことです。略してシンセと呼ばれることが多いです。

シンセサイザーの最大の特徴は、さまざなパラメーターを操作して自由に音色をつくれることです。音色の生成方式には、減算、加算、FM、ウェーブ・テーブルなど様々なものがあります。

シンセサイザーには鍵盤はあるものもあれば、ないものもあります。鍵盤のあるシンセサイザーでも、鍵盤の数、サイズ、タッチなどは様々なものがあります。鍵盤のないものは、別に鍵盤をつないで打鍵情報を送ったり、シーケンサー(自動演奏機)やコンピューターから送られた演奏情報を受信して、音を発します。

また、シンセサイザーには、コンピューターやスマホの中で動く、ソフトウェアのものもあります。ソフトウェアのシンセサイザーの場合には、もちろん、手で弾ける鍵盤などはありませんが、音を合成できるので、シンセサイザーであることには変わりありません。

シンセサイザーは、ライブなどでの演奏にも使われますが、音色を繊細に作り込むタイプの音楽の制作に使われることが多いです。

電子ピアノとは

電子ピアノは、ピアノを代替することを目的とした電子楽器です。デジタル・ピアノとも呼びます。

音色は基本的にピアノ音色のみです。機種によっては、オルガンやストリングスなどの音色を選べるものもありますが、音色を自由に合成することはできません。

また、シンセサイザーの鍵盤がバネ式の軽いタッチであるのに対し、電子ピアノは、本物のピアノのような重いタッチです。ペダルがあることもシンセサイザーと異なります。

電子ピアノは、家庭でのピアノ演奏の練習用や、本物のピアノを使用できない簡易なライブなどが主な用途です。

エレクトーンとは

エレクトーンは、ヤマハ製の電子オルガンのことで、上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤をもつ電子楽器のことです。

音色は、決められた音色の中から選ぶタイプのものと、音色を合成できるタイプのものがあります。

エレクトーンは、3つの鍵盤を駆使して、一人で多パートを演奏できるということが最大の特徴で、主に演奏を目的とした楽器です。

キーボードとは

キーボードとは、鍵盤という意味の語です。

キーボードは、鍵盤がある電子楽器というような意味でも使わることがあります。そのような意味で、キーボードという語を使う場合には、シンセサイザーもキーボードに含まれます。

それとは異なり、もう少し狭い意味でキーボードという語が使われる場合があります。その場合は、比較的簡易な構造の鍵盤式の電子楽器を指しています。鍵盤はバネ式、音色は決められたものから選びます。

この狭い意味でのキーボードは、主に家庭や簡易なライブ演奏などで使われます。

まとめ

このように、シンセサイザーは、音色を自由に合成できるということに特化したものであるということが、他の楽器ともっとも異なる点です。

また、操作方法もこれらの楽器の中ではもっとも難しいです。