DTMでの吸音材の貼り方

DTM

DTMやミキシングをする上で、部屋・スタジオの音響特性を整えることは重要です。音響特性が悪ければ、周波数特性がくずれたり、定位が不明瞭になるなどして、適切なモニタリングをすることはできません。部屋の音響特性を整えるには、吸音材や拡散材を適切に設置する必要があります。

この記事では、吸音材、拡散材の種類や設置位置などについて解説します。

スポンサーリンク

吸音、防音、遮音の違い

吸音とは音を吸収すること

吸音とは、音を吸収することです。音の反射を防いだり、音が透過するのを防いだりすることができます。

吸音材としてよく使われるのは、グラス・ウール、ロック・ウール、ウレタン・フォームなど、小さな穴がたくさんある多孔質状の素材です。
音が吸音材の穴を通るときの摩擦により、音の振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、音を消します。

遮音とは音を遮断すること

遮音とは、遮断することです。遮音材に向かってきた音のほとんどを反射させることで、音が透過するのを防ぎます。

遮音には、鉄やコンクリートなどの重い素材が有効です。

防音とは音の出入りを防ぐこと

防音とは、内部の音が外部へ漏れないように、あるいは、外部の音が内部に入ってこないようにすることです。吸音や遮音を組み合わせて防音を達成します。

吸音・拡散の目的

吸音材や拡散材を設置する目的は、リスニング・ポジションでの周波数特性がフラットになるようにすることと、残響の大きさや長さを適度なものにすることです。

周波数特性がフラットでなければ、スピーカーから出ている音と、あなたが実際に聴く音との周波数特性が異なってしまい、適切なミキシングをすることができません。また、残響が大きすぎたり長すぎたりすれば、定位や音の輪郭が不明瞭になり、モニタリングに支障をきたします。このような問題を防ぐために、吸音材や拡散材を適切に設置することが必要になります。

吸音材と拡散材とは

DTMなどでのホーム・スタジオの音響特性を整えるのに使われるのが吸音材と拡散材です。

吸音材とは、音を吸収して音の反射を抑制します。

拡散材とは、音をいろんな方向に拡散して反射させるものです。音の周波数特性を変えることなく、フラッター・エコーや定在波の発生を防ぎます。

フラッター・エコーとは、平行面の間で音が反射を繰り返し、残響がなかなか減衰しない現象のことです。

定在波(定常波)とは、平行面の間で音が反射を繰り返すときに、壁に入射する音と、壁から反射する音との位相がそろったときに発生する音波のことです。入射音と反射音の振幅が足し合わされ増幅されるため、定在波の周波数の音が強調されて聴こえます。定在波の周波数は、平行面の距離に応じて決まります。

吸音・拡散材の種類

吸音板

吸音版(吸音ボード)は、ロック・ウールやグラス・ウールなどで作られた厚い板状の吸音材です。
低域から高域まで吸音することができます。

吸音フォーム

吸音フォームは、ウレタン・フォームなどで作られたスポンジ状の吸音材です。表面が凸凹になっていて、厚さは5cmぐらいのものが多いです。高域を吸収することができます。低域や中域には、ほとんど効果がありません。

バス・トラップ

バス・トラップは、低域の吸収に特化している吸音材です。主に部屋のコーナーに設置して使います。

拡散材

拡散材は、木材などで表面を凸凹にしているものです。主に、リスニング・ポイントの後ろ側の壁に設置して使います。

吸音・拡散材の設置位置

設置位置

吸音材を設置する場所は、壁、天井の一次反射点です。一次反射点とは、スピーカーから出た音が、壁、天井で一度反射して、リスニング・ポジションに届くときの反射点のことです。

下図のオレンジ色の部分に吸音材を設置します。オレンジ色の点線の部分は、天井に設置します。

スピーカーの後ろの壁の一次反射点

吸音板を設置します。

側壁の一次反射点

吸音板を設置します。

天井の一次反射点

吸音板を設置します。

リスニング・ポジションの後ろの壁の一次反射点

吸音板を設置します。
広い部屋であれば、拡散材でもよいです。

部屋のコーナー

吸音板を斜めに設置するか、バストラップを設置します。

優先順位

予算が十分でなく、上記のすべての位置に設置できない場合は、大きな反射音が返ってくる箇所を優先しましょう。大きな反射音が返ってくる箇所というのは、スピーカー、反射点、リスニング・ポジションを結んだ距離が近いところです。

例えば、側壁が近ければ、側壁から大きな反射音が返ってくるので、側壁の吸音を優先すべきです。天井が高い空間では、天井の吸音の優先順位は下がります。

まとめ

部屋の環境はそれぞれに形、大きさ、素材、構造などが異なるので、万能の解決法というものはありません。この記事を参考にして、実際に音を聴きながら、いろいろと調整してみてください。