MS処理のおすすめVSTプラグイン – 仕組み、使い方も解説【2020年】

ミキシング

MS処理とは、通常の左右に分かれているステレオのオーディオ信号を、センター成分とサイド成分に変換してから、センターとサイドを別々にエフェクト処理することです。この記事では、MS処理の仕組みや使い方について解説し、おすすめVSTプラグインソフトを紹介します。

MS処理とは?

ms処理 msプロセッシング mid side ms processing

MS処理(Mid Side Processing: MSプロセッシング)とは、通常の左右(Left/Right)に分かれているステレオのオーディオ信号を、センター(Mid)成分とサイド(Side)成分に変換してから、個別にエフェクト処理をすることです。

ms処理 msプロセッシング mid side ms processing

MS処理を使えば、真ん中とサイドの成分に別々の処理をほどこすことができ、ステレオ感をワイドにしたり、スペースを適切に割り振ったりすることができます。

MS変換の仕組み

Mid成分はLとRの共通の成分です。Mid成分は、LとRの平均値を計算して取り出すことができます。サイド成分は、LまたはRとMid成分との差を計算して取り出せます。

M = (L + R) / 2
S = (L – M) / 2

Mid成分とSIde成分に別々の処理をほどこした後で、MSからLRに変換します。

L = M + S
R = M – S

MS処理の使い方

MSの音量バランスを変える

サイド成分の音量を上げれば、ステレオ感が左右に広がります。サイド成分の音量を下げれば、スレレオ感は狭くなりモノラルに近づきます。サイド成分をゼロにすれば、完全なモノラルになります。

リバーブ用のトラックのサイド成分を上げれば、リバーブをよりワイドに鳴らすことができます。同時に、音の多いセンターがリバーブ成分で濁るのを防ぐこともできます。

MS別々にEQをかける

MS成分に対して、個別にEQをかければ、LRのステレオではできない様々な調整ができます。

低域をモノにする

低域のサイド成分をカットして、ローエンドをモノラルにすれば、スッキリとした安定感のあるローエンドをつくることができます。

ボーカルのためのスペースをつくる

ピアノやギター、パッドシンセなどのパートのセンター成分の高域を下げれば、真ん中にボーカル用のスペースを空けることができます。

キック、ベースのためのスペースをつくる

ピアノやギター、パッドシンセなどのパートのセンター成分の低域を下げれば、キックやベースを前に出すためのスペースをつくることができます。

リバーブによるこもりを解消する

リバーブ用のAUXトラックのセンター成分の中低域をカットすれば、ミックスのこもりの原因となりやすい100~500Hzをすっきりとさせ、キックやベースをよりクリアに鳴らすことができます。同時に、リバーブ成分がよりワイドに広がります。

MS別々にコンプをかける

MS成分に対して、個別にコンプレッサーをかければ、LRのステレオではできない様々な調整ができます。

例えば、Mid成分のみにコンプをかければ、キックなどの真ん中に置いいてるパートでコンプがトリガーされたときに、サイドの成分も圧縮されてしまうのを防ぐことができます。

MS処理対応のおすすめVSTプラグインソフト

Pro-Q3 / FabFilter

Pro-Q3 / FabFilter

Pro-Q3 / FabFilter は、MS処理対応のイコライザープラグインです。バンドごとにLRまたはMSを選択できます。

Pro-Q3 / FabFilter
Pro-Q3 / FabFilter

Pro-C2 / FabFilter

Pro-C2 / FabFilter

Pro-C2 / FabFilter は、MS処理対応のコンプレッサープラグインです。

Pro-C2 / FabFilter
Pro-C2 / FabFilter

Saturn / FabFilter

Saturn / FabFilter

Saturn / FabFilter は、1~6バンドのマルチバンドサチュレーターです。MS処理が可能で、Mid/Sideで異なる強さのサチュレーションをかけることができます。

Saturn / FabFilter
Saturn / FabFilter
fabfilter のおすすめプラグイン・バンドル
「fabfilterのプラグインを導入したいけど、どれがおすすめ?」「お得なバンドルはどれ?」という方のために、fabifilterのおすすめプラグインとバンドルを紹介します。fabfilterのおすすめプラグインPro-Q3(EQ...

H-EQ Hybrid Equalizer / Waves

H-EQ Hybrid Equalizer / Waves

H-EQ Hybrid Equalizer / Waves は、MS処理対応の、パラメトリック・イコライザーです。

収録バンドル: Mercury

H-EQ Hybrid Equalizer / Waves
H-EQ Hybrid Equalizer / Waves

F6 Floating-Band Dynamic EQ / Waves

F6 Floating-Band Dynamic EQ / Waves

F6 Floating-Band Dynamic EQ / Waves は、MS処理対応のダイナミック・イコライザーです。レンジをゼロに設定すれば普通のイコライザーとしても使えます。

収録バンドル: Mercury

F6 Floating-Band Dynamic EQ / Waves
F6 Floating-Band Dynamic EQ / Waves
Wavesのおすすめプラグイン・バンドル【2020年】
Wavesプラグインを初めて購入する方や、バンドルのアップグレード、単品追加などを検討している方のために、おすすめのWavesプラグイン・バンドルを紹介します。10%割引クーポン配付中です。
ミキシング・マスタリングについてさらに詳しく学びたい方にはこちらの本がおすすめです。