バスコンプの使い方・コツ

ミキシング

バス・コンプレッサーは、ミキシングの品質を高める上で重要なテクニックのひとつです。

この記事では、バスコンプのやり方について解説します。

スポンサーリンク

バスコンプとは

バス・コンプ(バス・コンプレッサー)とは、バス・トラックにコンプレッサーをかけることです。

すべてのトラックをまとめたステレオ・バスにコンプレッサーかける場合と、ドラムなどをまとめたミックス・バスにコンプレッサーをかける場合とがあります。

バスコンプの目的

バスコンプの目的は、曲に一貫性と適度なパンチ感を与え、さらに、各パートをギュッと密着させた締まったサウンドにすることです。

バスコンプのやり方

一般的なコンプレッサーを使う

バス・コンプに使うコンプレッサーは、DAWに付属している普通のコンプレッサーでかまいません。バスコンプとして有名なプラグインもありますが、普通のコンプレッサーで可能です。

マスター・トラックにコンプをかける

バス・コンプレッサーは、マスター・トラック (マスター・バス、ステレオ・バス) にかけます。

コンプレッサーは、ミキシング開始時に挿しておいてください。各トラックのバランスをとってからバスコンプをかけると、バランスがくずれる場合があるからです。

バスコンプはゆるくかける

バス・コンプは自然な圧縮感が得られるように、ゆるめにかけます。

設定の目安

  • レシオ : 1 / 1.3 ~ 2ぐらい
  • スレショルド : ゲイン・リダクションが 1 ~ 2dBになるぐらい
  • アタック・タイム : 50 msぐらい
  • リリース・タイム : 150 msぐらい

レシオ

レシオ (Ratio) は 1:1.3 ~ 2 ぐらいの弱めにしましょう。

ゲイン・リダクション

ゲイン・リダクションが1~2dBぐらいになるように、スレショルドを調整してください。

アタック・タイム

アタック・タイムは、中ぐらいで 50ms 前後にします。トランジェントをしっかりと残すようにしましょう。

アタック・タイムの設定の仕方は、100msぐらいからだんだん短くしていきます。短くしすぎて音のアタック部分のトランジェントがつぶれてきたら、トランジェントを残すように少し戻してください。

アタック・タイムを調整するときは、ゲイン・リダクションを大きめなるようなスレショルドにしておくと、変化がわかりやすいです。調整し終えたら、ゲイン・リダクションが適切になるようにスレショルドを戻しましょう。

リリース・タイム

リリース・タイムは、中ぐらいで 150ms 前後にします。

リリース・タイムの設定の仕方は、300msぐらいの長めから始めて、だんだん短くしていきます。ポンピングなどで不自然な音になったら、すこし戻して自然に圧縮が開放されるようにします。

オート・リリース機能があるコンプレッサーであれば、オート・リリースを使ってもかまいません。

曲のテンポに合わせる

アタック・タイムとリリース・タイムの適切な値は、曲によって異なります。早いテンポの曲では短め、遅いテンポの曲では長めにしましょう。

リリース・タイムが長すぎると、圧縮が開放される前に次の圧縮が始まって、ずっと圧縮されっぱなしになってしまいます。大きなトランジェントがくる前に、いったん圧縮が開放されるようにしてください。例えば、4つ打ちのキックがあるなら、キックで圧縮を開始してから、次のキックが鳴るまでに、圧縮が開放されるようにしてください。

おすすめバスコンプ・プラグイン

SSL G-Master Buss Compressor / Waves

SSL G-Master Buss Compressor / Waves

SSL G-Master Buss Compressor / Waves は、アナログ・コンソールSSL 4000Gのマスター・バスコンプのクローン・プラグインです。ミックスにまとまりを生みだし、アナログ回路特有のパンチや存在感を加えます。

Waves で価格を確認する

まとめ

バスコンプを適切に設定すれば、ミックスの質が劇的に改善されます。曲により適切な値は異なりますので、この記事を参考に調整してみてください。