Volca Drum / Korg の機能と使い方

ドラムマシン

Volca Drum(ヴォルカ・ドラム) / Korg(コルグ)は、シーケンサー付きのコンパクトなデジタル・ドラム・マシンです。

主な機能は、アナログ・モデリングによる6つの音源部と、センド&リターン・エフェクトとして1つのウェーブガイド・レゾネーター/ディレイ、それに、16ステップ・シーケンサーです。

スポンサーリンク

音源部

6ボイスで、1ボイスにつき2レイヤーで構成されます。

レイヤーは、オシレーター、ピッチ・モジュレーター、アンプ・エンベロープ・ジェネレーターで構成されます。

オシレーターは5種類で、サイン波、ノコギリ波、ハイパス・フィルター・ノイズ、ローパス・フィルター・ノイズ、バンドパス・フィルター・ノイズが選べます。

ピッチ・モジュレーターは3種類で、ライズ&フォール、サイン波、ランダムがあります。

アンプ・エンベロープ・ジェネレーターは3種類で、リニア・アタック&リリース、エクスポネンシャル・アタック&リリース、マルチ・ピーク・アタック&リリースがあります。

インサート・エフェクトは3種類で、ビット・リダクション、ウェーブ・フォルダー、オーバー・ドライブがあります。

ウェーブガイド

センド&リターン・エフェクトとして使える1系統のウェーブガイド・レゾネーター(Waveguide Resonator)があります。

ウェーブガイド・レゾネーターとは、弦や管などの楽器の物理的な共振特性をシミュレートしたフィードバック・アルゴリズムのことです。物理モデル音源(フィジカル・モデリング)で使われます。入力された音をフィードバックさせて、ディケイ成分を作り出します。

ウェーブガイド・レゾネーターは2種類、弦タイプと、管タイプがあります。

ウェーブガイド・レゾネーターのパラメータは3つで、Decay、Body、Tuneがあります。Decayは、ディケイ・タイムを調節します。Bodyは、キャラクターを調節します。キャラクターは、フィードバック回路上のフィルターの特性です。Tuneは、ピッチを調整します。ピッチは、フィードバックの周期です。周期を長くすると、ディレイとして使えます。

ウェーブガイド・エフェクトのかかり具合は、各ボイスのSendパラメーターで調節します。

物理モデル音源について、詳しくは下記の記事を参照してください。

物理モデル音源とは? 仕組み、使い方を解説
物理モデル音源とは、シンセサイザーの音響合成方式のひとつで、生楽器の物理的な構造をシミュレートすることで、音色を合成する方式のことです。

シーケンサー

16ステップ・シーケンサーです。

ハイハットのクローズ/オープンなどに、使えるチョーク機能があります。

ツマミの操作をリアルタイム・レコーディングをしながら記憶し、再生時に再現するモーション・シーケンス機能があります。

その他の仕様

電池駆動可

スピーカー付き

20,000円(税別)

デモ動画

Korg Volca Drum Digital Percussion Synthesizer | Reverb Demo Video
Korg Volca Drum Mega Tutorial

関連記事

Korg / Volca シリーズ一覧
Korg / Volca シリーズは、ステップ・シーケンサー内蔵のコンパクトなシンセサイザー・サンプラーです。現在、8機種 + ミキサーが発売されています。
【2019年版】おすすめドラムマシン・リズムマシン 9選
ドラムマシン・リズムマシンの選び方とおすすめ機種について解説します。初心者用の入門機からハイエンド機までおすすめのドラムマシンを紹介します。