RolandがBoutiqueシリーズの新ドラムマシン「TR-06」を発表!

ドラムマシン

Roland(ローランド)が、「Boutique(ブティック)シリーズ」の最新モデルでコンパクトなドラムマシン『TR-06』を発表しました。

発売日は、10月24日です。

TR-06とは

TR-06 / Roland
TR-06 / Roland

『TR-06』は、1980年代に活躍したシンセサイザーの個性的なサウンドを好む愛好者に向け、コンパクト・サイズで本格的なサウンドを提供する「Roland Boutiqueシリーズ」の最新モデルです。

今なお人気で中古市場でも手に入りづらいドラムマシン「TR-606」(1981年発売)の独特なビンテージ・サウンドを独自技術「ACB」で忠実に再現しているだけでなく、オリジナル・モデルのデザインを踏襲しつつより高級感のある外観に進化しています。

また『TR-06』では、人気のモジュラー・シンセサイザーなどと接続可能なトリガー・アウトプットやエフェクトを搭載するなど現代のミュージシャンに使いやすい機能を融合しています。

「Roland Boutiqueシリーズ」の特長である、スピーカー内蔵、電池駆動にも対応しており、「TR-606」の往年のサウンドをいつでも存分に楽しめます。

TR-06の特徴

TR-606の音色を拡張

TR-06では、音色パラメーターを追加しTR-606の音色を拡張しています。

チューニング、ディケイ、パン、ゲインなどのパラメーターで各パートを細かくコントロールできます。

エフェクトを搭載

エフェクターはコンプレッサー、オーバードライブ、ディレイを搭載しています。

コンプレッサーで温かみのあるパンチを加えたり、オーバードライブでアグレッシブに歪みを加えたり、ディレイで心地よい響きや、カオスなまでのスペーシー・サウンドを生み出したり、クラシックにとどまらない新たなサウンドを表現します。

多機能なシーケンサー

オリジナル・モデルと同様、TR-06のステップ・シーケンサーは明瞭でなじみやすく、あらゆる種類のビート・メイクを素早く行うのに最適です。

さらに現代のリズム制作に合わせた機能も追加しています。

より細かなノートを入力するサブ・ステップや、即興的なパターンのスライスが可能なステップ・ループ、ノートを確率で再生させビートにランダム性を持たせるプロバビリティーなど、先進的な機能を複数搭載し、決してビートを飽きさせることはありません。

モジュラーシンセと連携可能

数多くのモジュラーやテーブル・トップ・ギアがある中で、それらと組み合わせて使える便利で優れたドラム・シーケンサーを求める声は常にあります。

TR-06には5系統のTRIGGER OUTと1系統のTRIGGER INを搭載。外部機器とのシンプルな接続で、新たなアイデアや可能性が広がります。

スピーカー内蔵

スピーカーを内蔵しています。

オーディオインターフェイス機能

高性能なUSBオーディオ・インターフェースを搭載しており、素早く簡潔にオーディオ・レコーディングを行うことができます。

電池/USBバスパワー

本体は単三乾電池4本で約4.5時間駆動。またUSBバス電源による駆動にも対応しています。

スペースが限られる制作スタジオやライブ・ステージなど、どんな場所にもフィットします。

Roland Boutique TR-06 Drum Machine Overview (Part 1 of 2)
Roland Boutique TR-06 Modular Overview (Part 2 of 2)