Subharmonicon / Moog モーグの新モジュラーシンセのレビュー

シンセサイザー

Moog(モーグ)が、2020年5月に2音パラフォニックのセミモジュラーシンセ Subharmonicon(サブハーモニコン)を発表しました。

2つのメインオシレーターに加え、それぞれ2つずつのサブハーモニックオシレーターを搭載しています。

2つのオシレーターに割り当てられた、2系統の4ステップシーケンサーを搭載しています。シーケンサーはクロックを分割することで、ステップの進むスピードを変化させられ、複雑なポリリズムを生成することができます。

価格は約10万円。近日中に発売開始予定です。

Subharmonicon は、2018年にMoogのワークショップで限定発売されたものの、マスプロダクションバージョンです。2018年のバージョンとは、インターフェースのレイアウトが変わっています。

Moog SUBHARMONICON Full Tutorial with 9 patch ideas and pairings // New version reviewed

Subharmonicon の特徴

Subharmonicon / Moog

Subharmonicon の特徴的な機能は、メインオシレーターの整数分の1の周波数のハーモニーを生成するサブオシレーターと、複雑なポリリズムが可能な2系統の4ステップシーケンサーです。

Subharmonicon のインターフェースは4つのセクションで構成されています。左端にシーケンサー、真ん中に2つのオシレーター、その右にフィルター、ボリューム、エンベロープ、右端にパッチベイです。

2 x(メイン + 2サブ)オシレーター

Subharmonicon / Moog

Subharmonicon には、2系統のオシレーターが搭載されています。それぞれ、メインのオシレーターと2つのサブオシレターで構成されています。

サブオシレーターでは、メインのオシレーターの周波数に対して、サブハーモニーを生成できます。サブハーモニーとは、メインオシレーターの周波数を割った周波数の音のことです。1~16までの整数で、メインオシレーターの周波数を分割できます。

例えば、メインのオシレータが1000Hzの場合、サブオシレーターを1/2に設定すれば500Hz、1/3に設定すれば333Hzの音を生成できます。

オシレーターの波形は、矩形波、ノコギリ波、またはメインに矩形波とサブにノコギリ波の組み合わせの3つのオプションが用意されています。

パラフォニック

2つのメインオシレーターは、別々の音程を演奏できます。フィルター、アンプは1系統のみの2音パラフォニックです。

2 x 4ステップシーケンサー

Subharmonicon / Moog

2系統の4ステップシーケンサーが搭載されています。各シーケンサーはそれぞれ、2つのオシレーターセクションに割り当てられています。

シーケンサーをメインオシレターにルーティングした場合は、メインオシレーターのピッチを変更します。連動してサブオシレーターのピッチも変化します。

シーケンサーをサブオシレターにルーティングした場合は、サブオシレーターがメインオシレーターの周波数の何分の1の周波数になるかを変化させます。

シーケンサーのルーティングは、オシレーターセクションの中段にあるボタンで設定します。メインオシレーターと2つのサブオシレーターそれぞれに、シーケンサーをルーティングするかどうかを設定できます。

シーケンサーセクションの下段は、Polyrhythmセクションで、シーケンサーのクロックディバイダーの設定を行います。各ステップに対して、クロックのスピードを1~16の整数で割ることができます。例えば、クロックディバイダーを1/4に設定すれば、そのステップは通常の4倍の時間をかけて進むことになります。

2系統のシーケンサーのうちどれに対して、クロックディバイドを行うかどうかは、Polyrhythmセクションのつまみの下のボタンで設定します。

ラダーフィルター

Moog のおなじみの24dB/Oct のローパス・ラダーフィルターを搭載しています。

2x ADエンベロープ

アンプ用とフィルター用の2つのエンベロープジェネレーターを搭載しています。パラメーターは、アタックとディケイのみです。

32のパッチポイント

Subharmonicon / Moog

17入力、15出力の合計32のパッチポイントがあります。Subharmonicon内部の信号のルーティングを変更したり、外部のモジュラーシンセと信号を送受信したりすることができます。

ユーロラックフォーマット

Moog社のMother-32やDFAMと同様に、60HPのEurorackフォーマットに準拠しており、アルミレール、木製のサイドピース、豊富なパッチベイを備えています。

Moog社のシンセのみでなく、他社のユーロラックフォーマットのモジュラーシンセと連携して使うことができます。

まとめ

Subharmonicon / Moog は、2つのサブオシレーターをもつ2系統のオシレーターと、複雑なポリリズムが可能な2系統の4ステップシーケンサーを搭載したセミモジュラーシンセです。

機能的にかなりマニアックなシンセサイザーのため、アナログシンセやモジュラーシンセの初心者の方にはおすすめではありません。すでに、より一般的な機能のモジュラーシンセを持っている方が、既存のセットアップを拡張するために導入するのにおすすめです。

モジュラーシンセの初心者の方は、Moog社のシンセであればMother-32が、オーソドックスな機能のシンセのためおすすめです。

Moogのおすすめシンセについては、こちらを参照してください。

Moogシンセサイザーおすすめ8選【2020年】
この記事では、Moog(モーグ)社のおすすめシンセサイザーを紹介します。おすすめMoogシンセサイザーMatriarchMatriarch / Moog は、モノフォニック/4音パラフォニックのセミモジュラーシンセです。...