Volca Nubass / Korg アナログベースシンセの解説&レビュー

シンセサイザー

この記事では、Korgのアナログモノフォニックシンセサイザー Volca Nubass について解説します。

Volca Nubass とは?

Volca Nubass / Korg

Volca Nubass は、Korg(コルグ)のコンパクトなモノフォニック・アナログ・ベース・シンセサイザーです。

真空管を用いた太い音色が特徴です。シーケンサーを搭載しているのでDAWなどと繋がなくても、これ一台でシンセを自動演奏させることができます。

TB-303 / Roland風のアシッドベース、アシッドハウスに最適な音色です。

Volca Nubass のよいところ

音がよい

真空管を使った存在感のある太いサウンドです。フィルターも独特のアシッド感あるサウンドです。

サブベース付き

サブベースで低音を補強できるので、さらに太い音作りが可能です。

オーバードライブ付き

アシッドベースといえば、オーバードライブやディストーションをかけるのが定番ですが、Nubassにはオーバードライブエフェクトが内蔵されています。Nubassのみで歪んだアシッドベースサウンドをつくることができます。

エンベロープのアタックタイムとLFOがある

Volca Nubass は、TB-303と異なり、エンベロープのアタックタイムを調整できます。また、LFOも搭載しており、より幅広い音作りが可能です。

Volca Nubass のいまいちなところ

小さい

Volca シリーズすべてに言えることですが、かなりサイズが小さいため使いにくいことがあります。特に小さなつまみは調整しにくいです。

自宅でレコーディングなどに用いるのには特に問題ありませんが、ライブなどで使うには少し使いにくいでしょう。

矩形波の音色がほぼノコギリ波と同じ

Nubassのオシレーターには、ノコギリ波と矩形波の2種類がありますが、矩形波はかなりノコギリ波っぽい音色で、ノコギリ波との違いがあまりありません。

オーバードライブの歪みがマイルド

Nubassにはオーバードライブエフェクトが搭載されていますが、かなりマイルドな歪み感です。激しいディストーションサウンドはつくれません。

電源アダプターが別売り

Volca シリーズは電源アダプターが付属していません。アダプターを使いたい場合は別途購入が必要です。

Volca Bass との違い

Volca Bass / Korg

Volcaシリーズのベースシンセには、Volca Nubass のほかに Volca Bass があります。

Volca Nubass と Volca Bass の違いは、Nubassは真空管を用いていること、オシレーター、フィルターの音の特性が違うこと、Nubassにはサブベースとオーバードライブがあること、Bassは3音パラフォニックであることなどです。

音色は、Bassのほうがよりクセのないクリーンな感じで、Nubassはよりアシッド感、粘り気のあるサウンドです。

Korg / Volca シリーズのおすすめは?全機種を紹介!
Korg / Volca シリーズの、全機種(Nubass, Modular, Drum, Kick, Sample, FM, Keys, Bass, Beats, Mix) をまとめて紹介します。

Volca といっしょに購入しておくとよいもの

電池

Volcaは単3乾電池6本を使用します。電池を購入しておくのがおすすめです。

三菱電機 アルカリ乾電池 単3形
三菱電機 アルカリ乾電池 単3形
パナソニック エネループ 単3形充電池
パナソニック エネループ 単3形充電池
パナソニック エネループ 充電器セット 単3形充電池 4本付き
パナソニック エネループ 充電器セット 単3形充電池 4本付き

電源アダプター

Volcaには電源アダプターが付属していません。電池でなく電源アダプターを使いたい方はアダプターを別途購入する必要があります。

KORG ACアダプター KA350 / Volcaシリーズ対応
KORG ACアダプター KA350 / Volcaシリーズ対応

オーディオケーブル

Volcaの出力をDAWに録音するには、Volcaとオーディオインターフェースをつなぐケーブルが必要です。

Volcaのオーディオ出力は、ステレオミニジャックです。オーディオインターフェースのモノラルフォンジャックとつなぐには、「ステレオミニプラグ – モノラルフォンプラグ」の変換ケーブルが使いやすくおすすめです。

ステレオミニプラグ - モノラルフォンプラグ 変換ケーブル
ステレオミニプラグ - モノラルフォンプラグ 変換ケーブル

まとめ

Volca Nubass は真空管を用いた太いサウンドのベースシンセです。サブベースやオーバードライブ、アッタクタイムを設定可能なエンベロープ、LFOも搭載していて、幅広い音作りが可能です。

TB-303風のアシッドベースサウンドをつくりたい方に最適です。

Volcaシリーズの他の機種についてはこちらを参照してください。

Korg / Volca シリーズのおすすめは?全機種を紹介!
Korg / Volca シリーズの、全機種(Nubass, Modular, Drum, Kick, Sample, FM, Keys, Bass, Beats, Mix) をまとめて紹介します。

アシッドベースといえば、TB-303のクローン TD-3 / Behringer もおすすすめです。

TD-3 / Behringer(ベリンガー)のレビュー!発売日は3/19
ベリンガーによるTB-303 / Rolandのクローンシンセ TD-3 について解説します。価格は16,280円(税込)、発売日は2020年3月19日です。