Model D / Behringer アナログシンセのレビュー

シンセサイザー

この記事では、Behringer のアナログシンセ Model D について解説します。

Model D とは

Model D / Behringer
Model D / Behringer
Model D / Behringer

Midel D は、ドイツの音響機器メーカー Behringer(ベリンガー)による Minimoog クローンのモノフォニック・アナログ・シンセサイザーです。

2018年発売です。

Behringer vs Moog: The definitive comparison

Minimoog とは

Minimoog は、アメリカのシンセメーカー Moog(モーグ)社が、1970年に発売したシンセサイザーです。

歴史上最も有名なシンセサイザーです。

Model D の特徴

激安な価格

本家 Moog が2017年に発売した復刻機は460,000円でした。

Model D はその1/10以下の3万円強となっています。

アナログ回路で完全再現

Model D は、Minimoog の回路をアナログで忠実に再現しています。

ユーロラックフォーマット

Model Dは、キーボードをなくし、ユーロラックモジュラーフォーマットに変更されています。

モジュラー機能を追加

オリジナルのMinimoogにはなかったモジュラー機能を搭載しています。オリジナル機ではできなかったルーティングにしたり、外部のモジュラーシンセと連携して使ったりすることができます。

ポリチェーン機能を搭載

Model Dを複数台接続してポリフォニックにできるポリチェーン機能を搭載しています。

MIDIでコントロール可能

MIDI端子、またはUSB端子にMIDIキーボードなどを接続して、演奏したりシーケンスしたりすることができます。

音色保存は不可

音色のプリセットや保存機能はありません。

Model D の仕様・スペック

  • 3系統のVCOを搭載したアナログ・シンセサイザー。深みと温かみに溢れた音作りを実現。
  • マッチングを施したトランジスタとJFETを搭載した独自のDタイプ回路による高い再現性。
  • VCO、VCF、VCA設計に基づいた純粋なアナログ信号経路。
  • パルス幅可変の5タイプのオシレーターシェイプが設定可能。
  • 伝説的なサウンドパフォーマンスを生み出す24dBラダーフィルター。
  • 完全アナログの三角波/矩形波のLFO。
  • 最大16ボイスのポリフォニー用に複数のシンセサイザーを組み合わせ可能な16ボイス・ボリチェーン機能。
  • 半モジュラー設計のため、パッチの必要なくすぐに運用が可能。
  • サウンドにエッジとパンチを与えるオーバードライブ回路を搭載。
  • ユーロラックにラックマウント可能。
  • モノフォニック
  • MIDI In/Thru
  • USB
  • 電源アダプター付属
  • 寸法(W×H×D):374×90×136mm
  • 質量1.7kg

まとめ

伝説的シンセMinimoogのサウンドが3万円台で手に入る Model D は、アナログシンセ好きなら必ず持っていたい一台です。

Model D のポリフォニック版 Poly D については、こちらを参照してください。

Poly D / Behringer ベリンガーのアナログシンセのレビュー
Poly D / Behringer は、Minimoog / Moog のクローンシンセ Model D / Behringer をポリフォニック化したシンセサイザーです。Poly D とは?Poly D / Behringer ...

その他のベリンガーのクローンシンセについては、こちらを参照してください。

Behringer ベリンガーのクローン・シンセの一覧
近年、ベリンガーはアナログ・シンセサイザーの名機のクローンを多く発売、または、計画しています。製品ラインナップが増えてきたので一覧にまとめました。

おすすめのアナログシンセについては、こちらを参照してください。

アナログシンセおすすめ15選!選び方も解説【2020年】
この記事では、アナログシンセを選ぶときにチェックすべきポイントを解説し、アナログシンセ初心者の方にオススメの機種を紹介しています。