Poly D / Behringer ベリンガーのアナログシンセのレビュー

シンセサイザー

Poly D / Behringer は、Minimoog / Moog のクローンシンセ Model D / Behringer をポリフォニック化したシンセサイザーです。

Poly D とは?

Poly D / Behringer は、Minimoog / Moog のクローンシンセ Model D / Behringer をポリフォニック化したシンセサイザーです。

Minimoog(ミニモーグ) は、Moog(モーグ)社が1971年に発売した、史上最も有名なアナログシンセサイザーです。

ベリンガーは、Minimoogのクローンシンセ Model Dを発売しています。Poly D は、Model Dのポリフォニック版にあたります。

Model D / Behringer アナログシンセのレビュー
ベリンガーによるMinimoog / Moogのクローンシンセ Model D について解説します。
Poly D / Behringer
Poly D / Behringer
Poly D / Behringer

Poly D の特徴

Poly D は、Minimoogをベースにオシレーターを4機に増設しポリフォニック(パラフォニック)化し、ステレオコーラスやディストーションエフェクトを追加しています。

Poly D の発音モード

Poly Dには、Mono/Unison/Polyの3つの発音モードがあります。モードにより、ノートに対するオシレーターの割り当てが異なります。

Monoモードでは、1つのノートに4オシレーターが割り当てられます。

Unisonモードでは、ノート数によりオシレーターの割り当てが変化します。
1ノートの場合、Monoモードと同様に1つのノートに対して、4つのオシレーターが割り当てられます。
2ノートの場合、各1ノートに2つのオシレーターが割り当てられます。
3または4ノートの場合、1ノートに1つのオシレーターが割り当てられます。

Polyモードの場合は、1つのノートに1つのオシレターが割り当てられます。
Polyモードは、完全なポリフォニックではなく、パラフォニックです。ポリフォニックは、各オシレーターが、それぞれVCF、VCAを持ちますが、パラフォニックでは、VCF、VCFは1つしかありません。4つのオシレーターが、ひとつのVCF、VCAを共有します。

Poly D の機能

  • 4 VCO によるファットなサウンド
  • 4ボイスによるMono, Unison, Poly の3モード
  • 37鍵盤 セミウェイテッド ベロシティセンス付き
  • Minimoog Model Dの回路を忠実に再現
  • フルアナログのVCO、VCF,VCA
  • 5つのオシレーター波形
  • 24dB/Octのラダーフィルター
  • Juno-60 / Roland をモデリングしたコーラスエフェクトを搭載
  • DS-1 Distortion / Boss をモデリングしたディストーションエフェクトを搭載
  • 使いやすい32ステップシーケンサー
  • 多様なパターンのアルペジエーター
  • 切り替え可能なローパス/ハイパスフィルター
  • アナログ回路による三角波/矩形波のLFO
  • ノイズジェネレーター
  • 外部のオーディオ信号を入力して加工可能
  • ステレオ出力
Introducing big, fat, warp drive POLY D
Behringer POLY D: Review, Tutorial and Patch Ideas // Auto-damp explained
Behringer ベリンガーのクローン・シンセの一覧
近年、ベリンガーはアナログ・シンセサイザーの名機のクローンを多く発売、または、計画しています。製品ラインナップが増えてきたので一覧にまとめました。