SH-101 / Roland ローランドのアナログ・シンセサイザーの解説

シンセサイザー

SH-101 は、1982年に Roland (ローランド) から発売されたアナログ・モノフォニック・シンセサイザーです。シンプルで使いやすく、ハウスやテクノに多用され、現在でも人気のシンセサイザーです。

スポンサーリンク

SH-101 とは

SH-101 は、日本の電子楽器メーカーの Roland (ローランド) によるアナログ・モノフォニック・シンセサイザーです。1982年に発売され、当時の価格は 59,800円 でした。

シンプルで使いやすい入門機的なシンセサイザーです。1VCO、1VCF、1エンベロープ、1LFOの典型的な減算シンセの構造になっています。

ショールダー・キーボードとして使うことができます。グリップとストラップを取り付けることができ、軽量で、電池駆動が可能です。

80年代後半から90年代にかけて、ハウスやテクノなどのジャンルで多用されたことで、評価が高まりました。現在でも人気は高く、中古市場では発売時よりも高い価格がついています。

ハード・ウェア、ソフト・ウェアを問わず、SH-101 のクローン・復刻機が発売されています。2017年には、本家のローランドからデジタルでの復刻機 SH-01A が発売されました。

SH-101 の特徴

  • 1982年発売
  • 59,800円 (495ドル)
  • モノフォニック
  • 32標準鍵盤
  • VCO x 1 : ノコギリ波とパルス波をミックスできる、サブオシレーター付き
  • ノイズ・ジェネレーター
  • VCF : ロー・パス・フィルターのみ
  • エンベロープ・ジェネレーター x 1 : ADSRタイプ
  • LFO x 1 : 三角波、矩形波、ランダム、ノイズ
  • アルペジエーター付き
  • リアルタイム・ステップ入力のシーケンサー付き
  • グレイ・ブルー・レッドの3色
  • CV / Gate の入出力
  • MIDI 非搭載
  • 電池駆動可能
  • 別売りのモジュレーション機能付きグリップと、ストラップを取り付けることでショルダー・キーボードとして使用できる
Roland SH-101 Analog Synthesizer – Famous 70s & 80s Synth Sequences – no SH-01A

SH-101 を使用したアーティスト

  • 808 State (エイト・オー・エイト・ステイト)
  • Aphex Twin (エイフェックス・ツイン)
  • Boards of Canada (ボーズ・オブ・カナダ)
  • Orbital (オービタル)
  • Squarepusher (スクエアプッシャー)
  • The Prodigy (プロディジー)

SH-101 の復刻・クローン機

SH-01A / Roland

SH-01A / Roland

  • 本家ローランドによる復刻機
  • デジタル

Roland – SH-01A | Synthesizer

MS-101 / Behringer

  • ベリンガーによるアナログ・クローン
MS-101 / Behringer ベリンガーの SH-101 クローン・シンセの解説
Behringer が Roland / SH-101 のクローン・アナログ・シンセサイザー MS-101 を3月に発売。価格は9。オリジナルの SH-101 の機能に加えて、アルペジエーターとシーケンサーが追加されています。