Korg がアナログシンセの名機ARP 2600の小型復刻版「ARP 2600 M」を発表!

シンセサイザー

Korg(コルグ)が、NAMM2021に合わせ、アナログシンセの名機ARP 2600の復刻版「ARP 2600 M」を発表しました。

ARP 2600 M では、オリジナルの60%のサイズに縮小されています。

価格は1,799ユーロ、発売日は2021年6月です。

ARP 2600は、2020年にフルサイズの復刻版「Korg ARP 2600 FS」が発売されていますが、すでに売り切れとなっています。

ARP2600M – A Legend, Reborn

ARP 2600 M の特徴

ARP 2600 M / Korg
ARP 2600 M / Korg

ARP 2600 Mは、よりコンパクトでポータブルなフォーマット(オリジナルサイズの60%)で、現代の音楽制作環境に対応するための追加機能を備えています。

日本製で、ARP 2600 FSと同じアナログ回路とコンポーネントを採用し、ARPの特徴であるサウンドを忠実に再現しています。

3つのVCO、フィルター、LFO、2つのエンベロープ(ADSR、AR)、VCA、スプリングリバーブ、リングモジュレーション……FS版と同様に、M版もフィルターのリビジョン(4012、4072)とスプリングリバーブを搭載しています。

ARP 2600 Mには、ARP 3620専用のキーボード、アルペジエーター、シーケンサーは付属していません。そのため、USBケーブルで任意のUSB MIDIコントローラーを直接接続することができる実用的なUSBホスト機能が側面に用意されています。

また、DIN MIDI入力、モードスイッチ、コンピュータに接続するためのUSB接続があります。

ARP 2600 Mには専用のキャリーケースが付属しており、楽器を保護するだけでなく、特殊なアンチショック・ダンピング・テクノロジーを搭載したカスタム・キャスターのおかげで、持ち運びも楽になります。

先着1000台には、専用カラーロードケースとコルグmicroKEY2-37が付属しますので、すぐに演奏を始めることができます。

ARP 2600 Mの新機能

  • プラグアンドプレイ : クラスに準拠したMIDIコントローラーを接続すれば、自動的に楽器をフルにコントロールできます。
  • サイズ変更 : 新しいサイズでは、パッチを視覚化しやすくなり、より短いパッチケーブルを使用できるようになりました。
  • ARP2600の2バージョン(4012型、4072型)の2種類のフィルターを用意しました。
  • DIN MIDI入力追加
  • ピッチベンド、モジュレーション、ポルタメント・オン/オフ、ポルタメント・オン/オフをMIDI CCメッセージ(USB/DIN MIDI)でコントロール可能
  • ノーマライズド電圧:S/H GATE JACK を通して ADSR を起動するのに必要なトリガー信号のしきい値を 10V から 5V に下げ、他のギア(ボルカスや Eurorack モジュールなど)との組み合わせをより簡単にしました。
  • 改良されたアタックとリリースの時間比
  • L/Rステレオ出力端子(XLRの代わりに)
  • ヘッドフォン使用時にはスピーカーが自動的にオフになります
  • 改良された、よりスムーズなスライダー