BehringerがMIDI/CVキーボード&シーケンサー「Swing」を発表!

DTM機材

Behringer(ベリンガー)が、MIDI/CVコントローラー&シーケンサーの「Swing」を発表しました。

ベロシティとアフタータッチ機能付きの32のミニ鍵盤、64ステップシーケンサー、MIDI/CV出力などを搭載しています。

価格は99ドルです。

Introducing Behringer SWING

Swingの機能

Swing / Behringer
Swing / Behringer
Swing / Behringer
  • 表現力豊かなベロシティとアフタータッチ機能を備えた32個のコンパクトサイズのキー
  • 64ステップ・シーケンサーは8ノートのポリフォニック・シーケンスを搭載しており、Rest、Tie、Legatoのノート・エントリーが可能です。
  • アルペジエーターモードの特徴、アップ、ダウン、インクルーシブ、エクスクルーシブ、ランダム、ノートオーダー、ダブルアップ、ダブルダウンモード
  • 最大16音までのシングル・コード・メモリーを搭載したコード・プレイ・モードでは、幅広いループやロング・プレイ・サンプルが可能
  • 非常に優れたパフォーマンスと創造性のための高反応ピッチとモジュレーションのタッチストリップ
  • パフォーマンス・コントロールには、シーケンサーとアルペジエーターのRec、Play、Stopボタンがあります。
  • リアルタイムのビート設定のためのレートとタップテンポ
  • ホールドボタンまたはオプションのサスティーンペダル(別売)による無限のサスティーン
  • シフト機能にはMIDIチャンネル選択、ゲートタイム、スイング値が含まれています。
  • MIDI、CV/Gate、DIN Sync、Sync I/Oに接続し、究極のコントロールと柔軟性を実現
  • PC/ラップトップと接続するための包括的なUSB/MIDI実装
  • Apple iPad*(カメラ接続キット経由)またはスタンドアロンDCジャック(付属していません)から電源を供給することができます。
MIDIキーボードおすすめ!25鍵,32鍵,37鍵,49鍵,61鍵,88鍵【2020年】
「MIDIキーボードって何?」「MIDIキーボードの選び方は?」「初心者におすすめのMIDIキーボードは?」というDTM初心者の方のために、MIDIキーボードの選び方ついて解説し、おすすめのMIDIキーボードを紹介ます。MIDIと...