Ableton Live Liteとは?Standard,Suiteを安く入手する方法も解説

Ableton Live 10 Lite とは、Ableton社のDAW、 Live 10 のバンドル版です。

Ableton Live Lite が付属しているオーディオインターフェースやMIDIキーボードなどを購入すれば、無料でダウンロードできます。
有料版と比べて、機能が制限されています。
Ableton Live Lite からのアップグレードで、有料版のLive StandardやLive Suiteを購入すれば、お得に購入できます。

スポンサーリンク

Ableton Live Lite は曲作りに使える?

作りたい音楽によりますが、無料のVSTプラグインなどを加えれば、基本的な曲作りはできます。

Ableton Live Lite の主な仕様と制限

Ableton Live Lite の主な仕様

  • 8トラック (MIDIとオーディオを合わせて)
  • 8シーン

音源

  • Drum Rack
  • Impulse
  • Simpler
  • Instrument Rack

主なオーディオ・エフェクト

  • Reverb
  • Simple Delay
  • Chorus
  • Compressor

Ableton Live Lite の機能制限

Ableton Live Lite の制限で、主なものは以下の3つです。

  • MIDIとオーディオを合わせて8トラックまで
  • 音源がサンプラーしかない
  • エフェクトが少ない

トラック数は8までしかありませんが、Drum Rackを使えば、ドラムサンプルなどは、1トラックにまとめられます。ドラム以外のパートに7トラックあれば、基本的な曲作りはできるでしょう。

シンセサイザーなどの音源は付属していませんが、VSTプラグインを使うことはできます。無料のソフトシンセなどを利用すれば、音源の問題は解決できるでしょう。

付属しているオーディオ・エフェクトの内、主なものは下記の4つです。

  • リバーブ
  • ディレイ
  • コーラス
  • コンプレッサー

曲作りに必須のエフェクターで付属していないのはイコライザーです。これは無料のプラグインを使えば解決できるでしょう。EQ Three というエフェクトが付属していますが、これはイコライザーというよりはDJ用のフィルターのようなものです。

MIDIエフェクトは制限がなく、すべてのMIDIエフェクトが使えます。

有料版の価格

  • Live Standard:53,800円(税込み)
  • Live Suite:90,800円(税込み)

アップグレード価格

Live Standard へのアップグレード

アップグレード価格:38,800円 (税込み)

Live Standard の元々の価格は、53,800円なので、

  • 53,800 – 38,800 = 15,000

15,000円お得に購入できます。

Live Suite へのアップグレード

アップグレード価格:66,800円 (税込み)

Live Suite の元々の価格は、90,800円なので、

  • 90,800 – 66,800 = 24,000

24,000円お得に購入できます。

Ableton Live を安く購入する方法

最初からAbleton Live 10 Standard、Suiteを購入する予定の方でも、Live Liteからアップグレードした方が、お得になる場合があります。

欲しいオーディオインターフェースやMIDIコントローラーにLive Liteが付属していれば、上に述べた差額の分お得になります。

また、特に欲しいハードウェアがなかったとしても、差額以下の製品を購入したり、あるいは購入した製品を転売すればお得になります。

例えば、8000円のLive Lite付きハードウェアを購入して、LiteからStandardやSuiteにアップグレードするとします。

Standardなら

  • 15,000 – 8,000 = 7,000

となり、7000円安くLive Standard が安く入手できる上に、8000円のハードウェアも手に入るということです。

Suiteなら

  • 24,000 – 8,000 = 16,000

となり、16000円安くLive Suiteが安く入手できる上に、8000円のハードウェアも手に入ります。

Ableton Live Lite が付属している製品

オーディオインターフェース

Native Instruments / Komplete Audio 2

  • DTM初心者におすすめのオーディオインターフェース
  • 16,800円ぐらい

Focusrite / Scarlett 2i2

  • DTM初心者におすすめのオーディオインターフェース
  • 17,600円ぐらい

Roland / Rubix-22

  • DTM初心者におすすめのオーディオインターフェース
  • 18,000円ぐらい

MIDIコントローラー

Novation / Launchpad Mini MK2

  • Ableton Live用のMIDIコントローラー
  • 11,880円ぐらい

Native Instruments / Komplete Kontrol M32

  • コンパクトな32鍵のMIDIキーボード
  • 14,800円ぐらい

Roland / A-49-BK

  • DTMに最適な49鍵のMIDIキーボード
  • 19,500円ぐらい

まとめ

Ableton Live Lite を使いたい方だけでなく、Live Standard 、Suite を購入予定の方も、Live Lite 付属のハードウェアを購入するとお得です。

無料のVSTプラグインは、下記の関連記事からチェックしてください。

関連記事

おすすめフリーVSTプラグイン シンセ・エフェクト 2019
無料で使えるフリーのおすすめ VST / AU / AAX プラグインのシンセサイザーとエフェクトをまとめました。
【初心者向け】DTM環境の作り方!必要な6つの機材を解説
「DTMを始めたいけど、どんな機材が必要?」「そもそもDTMって何?」「DTMとDAWの違いは?」というDTM初心者の方のために、DTMに必要な機材について解説します。