Steinbergが人気DAWの新バージョン「Cubase 11」を発表!

DAW

Steinberg(スタインバーグ)が、人気DAW Cubase の新バージョン「Cubase 11」を発表しました。

既に発売中です。

Cubase 11 には、Pro、Artist、Elementsの3つのエディションが含まれています。

  • Cubase Pro 11 アップデート版 : 11,000円
  • Cubase Artist11 アップデート版 : 8,800円
  • Cubase Elements 11 アップデート版 : 3,300円
Introducing Cubase 11 | Advanced Music Production System

Cubase 11 の新機能

ステム機能の強化(Pro)

Cubase Pro 11では、ステムの印刷をより簡単にすることに重点を置いています。

エクスポートプロセスをキューに入れて1回の操作でエクスポートすることができ、エクスポート選択をプロジェクトで行った選択に簡単に合わせることができ、チャンネルインサートエフェクトグループセンドやマスターバスエフェクトなどのフルシグナルパスをコントロールすることがCubase内で実現しました。

異なるウィンドウ間での同期(Pro)

Pro版では、異なるウィンドウ間での同期も重視されています。

グローバルトラックがキーエディタに表示されるようになったので、テンポの変更やマーカーとの同期がエディタから離れることなく可能になりました。

Frequency EQプラグインのアップデート(Pro)

Steinberg / Cubase 11

Frequency EQプラグインがアップデートされ、ダイナミックレスポンスのオプションが追加されました。

8つのバンドのダイナミックモードでは、フィルターノードが入力信号に追従し、新たに導入されたマルチサイドチェインでは、Frequencyの各バンドを個別のサイドチェインに設定できます。

スコアエディタのアップデート(Pro)

スコアエディタには多くの新しい機能が追加されました。

新しいプロパティでは、マッチングオプションや記譜設定にすぐにアクセスでき、ノート編集オーバーレイノートもキーエディタと同じように編集できるようになりました。

スコアエディタは、SMuFLフォント形式にも対応し、DoricoのBravuraフォントとPetalumaフォントを初めてCubaseで使用できるようになりました。

SuperVision マルチメーター・オーディオ・アナライザー(Pro/Artist)

Steinberg / Cubase 11

Cubase ProとCubase Artistの両方で使用可能なSuperVisionは、完全にカスタマイズ可能なマルチメーター・オーディオ・アナライザーで、レベル、スペクトル、位相、波形解析のための最大9つのモジュール・スロットを備えています。

その他の新機能

Pro

Cubase Pro 11では、最新のAvidコンソールをサポートするEuconとの統合、リサイズ可能でHiDPI対応のユーザーインターフェイスを備えたリモートレコーディングプラグインVST Connect SE 5、MultiTap Delayシグナルプロセッサの5.1サラウンドサウンドのサポートなどが追加されました。

Pro/Artist

ProとArtistでは、新しいマーカー・ライン、ピッチの可視性、レンジ選択ツールとARAワークフローの改善など、多くの改良が加えられています。

その中には、よりクリーンなミックスに貢献する新しいマルチバンドプラグイン「Imager」や、SpectraLayers Pro 7のコンパクト版である「SpectraLayers One」が含まれています。

Imagerは、オーディオトラックをステレオフィールドに配置するための4つのバンドを提供し、個々のスコープと相関表示は、トラックをステレオスペクトル内に完全に配置するためのパンニングを容易にし、SpectraLayers Oneは、ユーザーがスペクトルドメインでオーディオを視覚化し、編集することができます。

Pro/Artist/Elements

Cubase 11のサンプラー・トラックには、ループベースのサンプル用の新しいスライシング・モード、より複雑なフィルタリング・サウンドを実現する2つのグローバルLFO、ベース・ラインに最適な新しいモノラル・レガート・グライドなど、多くの新機能が搭載されています。

スケール・アシスタントは、キー・エディターにもう一つ追加されたもので、すべての音が完璧なチューニングで演奏されるようにスケールを設定します。設定したスケールの音のみを表示するように表示を変更したり、スケールアシスタントが再生されたMIDIノートを分析して正しいスケールに変更したりすることができます。

キーエディタの機能には、CCとピッチベンドレーンでのランプやカーブの作成、ピッチベンドのステップを半音に設定したり、CCの編集を別のMIDIトラックにコピーしたり、MIDIノートをダブルクリックで削除したりする機能が追加されました。

Steinberg / Cubase 11

また、Cubase 11に新しく追加されたSquasherは、最大3つのバンドの上向きと下向きのオーディオ圧縮を組み合わせたツールで、ダイナミックレンジの調整に非常に柔軟性があります。

Cubaseの3つのエディションには、これまで以上に多くのスケーリング設定が可能なWindows 10での可変DPI、メタル対応GPU向けに最適化されたパフォーマンス、8コア以上のシステムでのリアルタイム処理のためのさらなる最適化、新しいマルチサイドチェイン入力アーキテクチャなどの追加機能が含まれています。

Artist

ArtistではVariAudio 3、ARA 2のサポート、無制限のオーディオ、MIDI、インストゥルメントトラックに対応しました。

Elements

Elementsではサイドチェインに対応しました。

DAWおすすめ6+4選!比較して解説【初心者向け・2020年】
DTM初心者の方向けのおすすめDAW・DTMソフト6選を紹介します。DAWの世界シェアについても紹介しています。