グラニュラーシンセVSTプラグインおすすめ4選【2021年】

VSTプラグイン

この記事では、おすすめのグラニュラーシンセVST/AUプラグインソフトを紹介します。

グラニュラーシンセシスとは

グラニュラーシンセシスは、オーディオを1~100ms程度の小さな粒子に分割し、この小さなサンプルを再配置することで新たな音を作り出す合成方法です。

アンビエントや映画音楽に適したパッド音色や、フューチャーベースなどに使われるグリッチーなサウンドまで、幅広い音作りが可能です。

おすすめグラニュラーシンセ

Form / Native Instruments

Form / Native Instruments

Form / Native Instruments は、グラニュラーシンセと加算シンセを合わせたプラグインです。

多彩なオシレーターエフェクトやフレキシブルなモジュレーターなどを備えています。

音色のセッティングを鍵盤に割り当てることができ、リアルタイムに音色を切り替えてパフォーマンスすることができます。

Form は、Native Instruments のプラグインバンドル Komplete に収録されています。

Native Instrumentsのプラグインバンドル「Komplete 13」が発売!
Native Instrumentsが人気のプラグインバンドルのアップデート版「Komplete 13」を発売しました。Komplete 13 では、アンプシミュレーター「Guitar Rig」のアップデートに加えて、多数のプラグイン...
FORM Overview – Komplete 11 – First Look

Quanta / Audio Damage

Quanta / Audio Damage

Quanta / Audio Damage は、10ボイスのグラニュラーシンセです。

ボイスあたり最大100の1000msグレインを備え、グレインの状態を完全に制御し、ほとんどのパラメーターをランダム化およびモジュレートできます。

4つのFEG(Flexible Envelope Generato)によりモジュレーション波形を自由に作成でき、パラメーターにマッピングできまs。

アナログモデリングのオシレーターとノイズジェネレーターを搭載しており、グラニュラーシンセと合わせて音作りができます。

Quanta / Audio Damage
Quanta – Granular Synth by Audio Damage : First look

Portal / Output

Portal / Output

Portal / Output は、グラニュラー合成を用いたエフェクターです。入力された音をリアルタイムにグラニュラーシンセシスで再合成します。

音源に合わせた多数のプリセットが収録されています。

また大きなXY パッドをかんたんに音色を変化させることができます。

7つのエフェクトや2つのモジュレーターを搭載しており、幅広い音作りが可能です。

Portal / Output
PORTAL by Output – Granular FX Plugin

Pigments / Arturia

Pigments / Arturia

Pigments / Arturia は、オシレーターをウェーブテーブルシンセ、グラニュラーシンセ、サンプラーから選択できる多機能なソフトシンセです。

2つのフィルターや多数のモジュレーター、エフェクト、シーケンサーを内蔵しています。

Ambient Granular Pads with Pigments 2