Expose 2 / Mastering The Mix – マスタリングの問題を発見するオーディオ品質管理スタンドアロンソフト!レビューとセール情報

VSTプラグイン
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Expose 2 のセール情報・安く買う方法

Mastering The Mix のセール情報は下記ページにまとめています。

【6/16までAnimate, Fuserが最大47%オフ】Mastering The Mixのセール情報まとめ!おすすめプラグインの紹介・レビュー
この記事では、Mastering The Mixの最新セール・過去のセール情報をまとめています。 また、おすすめのプラグインも紹介しています。 「Mastering The Mixのセールはいつまで?」 「Mastering The Mix...

Expose 2 とは

mastering the mix expose 2

Expose 2 は、マスターされた音源の問題を特定するためのオーディオ品質管理ソフトです。

スタンドアロンのソフトであり、DAWのプラグインではありません。DAWで曲をバウンスしてからExposeに読み込みんで使います。

Exposeは、マスターされた音源を分析し、ラウドネス、ピーク、ステレオ幅や位相、ダイナミックレンジ、周波数バランスに問題がないか確認します。SpotifyやYouTube、Apple Music、Soundcloudなどの出力フォーマットごとに、問題を特定し解決策を示します。

Exposeを使って問題を特定し修正すれば、自信を持って音楽をリリースすることができるようになります。フォーマットごとのマスタリングの設定が分からないという方のおすすめです。

解決策は、リミッターのピークを何dB下げる、ゲインを何dB下げるなど、具体的に提示してくれます。提示された解決策を参考にDAWに戻って問題を修正するだけで、かんたんに適切なマスタリングを行えるようになります。

Expose 2
Mastering The Mix
Expose 2

Expose 2 の使い方

オーディオファイルを読み込むと、すぐに分析を開始します。左側にラウドネス、ピーク、ステレオ幅、ダイナミックレンジが表示され、問題のある項目は赤色で表示されます。また、波形には問題のある箇所が赤色で表示されます。

ダイナミックレンジの項目の上の「F」ボタンをクリックすると、解決策(Feedback)が表示されます。

上部のフォーマットセレクターから出力フォーマットを選択すると、すぐにそのフォーマットでの問題を表示します。

ラウドネスマッチボタンは、読み込んだ複数の曲のラウドネスを揃え、モニタリングしやすくしてくれます。

下部には、ジャンルごとのプリセットや読み込んだリファレンス曲との周波数バランスの差を表示するディスプレイがあります。バランスのカーブがフラットになるようにすると、リファレンスと同じような周波数バランスになります。

Expose 2 の特徴

自信を持って音楽をリリースしよう

EXPOSE 2はスタンドアローンのオーディオ品質管理アプリケーションで、音楽の問題を特定するのに役立ちます。

EQバランスの悪さ、真のピーククリッピング、オーバーコンプレッション、位相の問題など、多くのトラックが配信されています。Mastering the Mixは、手遅れになる前にこれらの問題を発見してほしいと願っています。EXPOSE 2があれば、最高のリスニング体験を提供し、自信を持って音楽をリリースすることができます。

EXPOSEは音楽制作をどう変えるか?

  • 概要 – あなたの音楽をEXPOSEにドロップし、世界にリリースする前に技術的な問題を特定します。
  • 問題解決 – EQバランスの悪さ、真のピーククリッピング、オーバーコンプレッション、位相の問題など、多くのトラックが配信されています。手遅れになる前に、EXPOSEでこれらの問題を3秒で特定できます。
  • はじめに – EXPOSEを開き(スタンドアロンアプリなのでDAWは必要ありません)、音楽をドラッグ&ドロップします。配信方法(ストリーミング、クラブ、CDなど)に応じてプリセットを選択します。分析フィードバックは、問題を解決し、DAW内でリリースするために音楽を最適化する方法についての具体的なフィードバックを提供します。
  • ハイライト 1 – 超ラウドなクラブマスターを目指したり、ストリーミングサイトで素晴らしいサウンドを出すために音楽を最適化したりと、技術的な目標を達成するのに役立ちます。
  • ハイライト 2 – あなたの曲の平均的なトーンバランスが、リファレンス・トラックやジャンル別プリセットと比較してどうなっているかを確認できます。これらはすべて、商業的に成功したトラックのサウンド・プロファイルを使用して作成されています。

Expose 2 の機能

  • Compare EQは、インポートしたリファレンス・トラックと比較して、平均的なトーン・バランスを表示します。また、ジャンル別のプリセットを選択することもできます。これらのプリセットはすべて、商業的に成功したトラックのサウンド・プロファイルを使用して作成されています。これにより、あなたの音楽があなたのサウンド目標に合っているか、リリース前に濁りすぎたり、くすんだり、薄くなったり、キツくなっていないかをチェックすることができます。
  • ラウドネスマッチは、LUFSアルゴリズムを使用してEXPOSEの全トラックの再生を正規化します。人間の耳は、大きな音楽ほど低音が充実し、高域が明瞭であると認識します。ラウドネス・マッチはこのバイアスを取り除き、より多くの情報に基づいた音楽の決定を可能にします。
  • 分析フィードバックは、あなたが求めているサウンドを得るためにオーディオを調整する方法について、具体的なガイダンスを提供します。超ラウドなクラブ・マスターを目指す場合でも、ストリーミング・サイトで素晴らしいサウンドを得るために音楽を最適化する場合でも、技術的な目標を達成するのに役立ちます。(27のプリセットと5つのユーザープリセットスロット)
  • ユーザーエクスペリエンスとワークフローを改善したユーザーインターフェース。
  • トラックの技術的な詳細を数秒で取得します。(LUFS統合, 短期, デシベル・トゥルー・ピーク, 左右ヒートマップ, 位相ヒートマップ, ダイナミック・レンジ, ラウドネス・レンジ)
  • 問題が検出されると、読み出し値と波形が強調表示され、どこに問題があるかが正確に示されます。
  • 含まれる測定値:
    • インテグレーテッドLUFS
    • ショートタームLUFS
    • デシベル・トゥルーピーク(16倍オーバーサンプリング)
    • サンプルピーク
    • 左右ヒートマップ
    • コリレーションヒートマップ
    • ショートターム・ダイナミックレンジ
    • ラウドネスレンジ

Expose 2
Mastering The Mix
Expose 2

リファレンス用プラグインおすすめ3選【2024年】
この記事では、ミックス、マスタリング時に自分の曲とリファレンス曲を比較するのに便利なプラグインを紹介します。 おすすめリファレンス用プラグイン MMultiAnalyzer / Melda Production MMultiAnalyzer...

https://dtmhacker.com/plugin-boutique/