AKGのモニターヘッドホンおすすめ12選【2021年】

ヘッドホン

この記事では、人気ブランド AKG のおすすめモニターヘッドホンを紹介します。

DTM用モニターヘッドホンおすすめ30選!選び方も解説【2021年】
1万円以下の初心者用から3万円を超えるプロ用ハイエンド品まで、DTM・ミキシング・マスタリングに最適なおすすめヘッドホンを紹介します。

AKGのおすすめ密閉型モニターヘッドホン

K72

人気ブランドAKGの低価格モデル

K72 / AKG は、低価格なモニターヘッドホンです。

価格にもかかわらずバランスのよい音質、快適な装着感、洗練されたデザインで人気のモデルです。

コスパがよくAKGのヘッドホンを使ってみたいDTM初心者の方に最適です。

機種 / メーカーK72 / AKG
タイプ密閉型
遮音性
コード片出し 固定式 ストレート 3m
プラグミニプラグ/標準プラグ
イヤー・パッド固定 合皮
再生周波数帯域16~20,000Hz
インピーダンス32Ω

K271 Mk2

フラットで自然な音質の密閉型ヘッドホン

K271 MKII / AKG は、低価格でコスパのよいモニターヘッドホンです。

密閉型特有の低域のふくらみを低減する「バスチューブ機能」を内蔵しており、開放型ヘッドホンのようなフラットで色付けのないクリアなサウンドを実現しています。

ヘッドホンを頭から外すと自動的に出力を止めるミュートスイッチ機能を搭載しています。

着脱式イヤーパッドとケーブルを採用おり、メンテナンスがかんたんにできます。

イヤーパッドは、合皮とベロアの2種類を装備しています。

機種 / メーカーK271 MKII / AKG
タイプ密閉型
音質フラット
遮音性
コード片出し 交換式 ストレート:3m カール:5m
プラグミニプラグ+変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮、ベロア
再生周波数帯域16~28kHz
インピーダンス55Ω

K275-Y3 / AKG

定番ヘッドホン K271 MK2 の後継機

K275-Y3 / AKG は、定番の密閉型ヘッドホン K271 MK2 の後継機にあたる密閉型ヘッドホンです。

50mmの大口径ドライバーを採用しており、しっかりとした低域の再生能力があります。音の傾向は、低域、中域はきわめてフラット。高域は少し弱くマイルドで聴き疲れしにくい音質です。

大きなイヤーパッドには、低反発素材を仕様しておりもっちりとした快適な装着感で長時間でも快適に使用できます。

AKGヘッドホンではお馴染みの、装着するだけでヘッドバンドが伸縮する「セルフアジャスト機能」を採用しており、頭の大きさにかかわらず適切なフィット感が得られます。

特許出願中の「3-AXIS」ヒンジを搭載しており、イヤーカップをヘッドバンドの内側に重ねて折りたため、厚みを抑えてコンパクトに収納でき、持ち運びにも便利です。

ヒンジを含め、負荷がかかる部品はすべて鉄製としており耐久性があるつくりになっています。

ケーブルは交換式で、断線時にもケーブルのみを交換すればよく、安心して使用できます。

3年保証がついています。

機種 / メーカーK275-Y3 / AKG
タイプ密閉型
遮音性
コード片出し 交換式 カール 5m
プラグミニ・プラグ + 変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮
再生周波数帯域16 ~ 28,000Hz
インピーダンス32Ω
備考折りたたみ式

K361-Y3

AKGの最新型

K361-Y3 は、AKGの最新型モニターヘッドホンです。

AKG初の楕円形のイヤーパッドを採用しています。イヤーパッドには低反発素材を使用しており、装着感がよく長い時間でも快適に作業できます。

イヤーパッドを180°回転させてヘッドバンドの内側にコンパクトに収納可能です。コードは交換式で、1.2mのストレートコードも付属しています。重量も軽く、キャリングポーチも付属しており持ち運びに便利で、スタジオでの作業だけでなく外出時の普段使いにもおすすめです。

50mmの大口径ドライバーを搭載しておりサブベースから高域までしっかりと再生可能なワイドレンジで、エレクトロニックミュージックやヒップホップなどの低音重視のジャンルのミックスに最適です。

3年保証がついており安心して使用できます。

上位モデルK371との違いについては、本機K361は、
金属製パーツの採用しておらず耐久性が低いですが、重量は軽くなっています。
ドライバーが異なりレンジが狭いですが、それでも十分なレンジがあります。
コードは、K361と同様の1.2/3mのストレートコードのみです。K371は、3mのカールコードが付属しています。
交換式ケーブルの端子に2.5mmプラグを採用しています。K371は、Mini-XLR端子です。

機種 / メーカーK361 / AKG
タイプ密閉型
遮音性
コード片出し 交換式 ストレート 1.2m / 3m
プラグミニ・プラグ + 変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮
再生周波数帯域15 ~ 28,000Hz
インピーダンス32Ω
備考折りたたみ式

K361-BT-Y3

K361-BT / AKG は、K361のワイヤレス版です。有線での接続も可能です。

ヘッドバンドは折り畳みが可能なため、コンパクトに持ち運び、保管が可能です。

外出時の普段使いとDTM用とを兼用するのに最適です。

K371-Y3 / AKG

AKGの最新型

K371-Y3 は、AKGの最新型モニターヘッドホンです。

AKG初の楕円形のイヤーパッドを採用しています。イヤーパッドには低反発素材を使用しており、装着感がよく長い時間でも快適に作業できます。

イヤーパッドを180°回転させてヘッドバンドの内側にコンパクトに収納可能です。コードは交換式で、1.2mのストレートコードも付属しています。重量も軽く、キャリングポーチも付属しており持ち運びに便利で、スタジオでの作業だけでなく外出時の普段使いにもおすすめです。

50mmの大口径ドライバーを搭載しておりサブベースから高域までしっかりと再生可能なワイドレンジで、エレクトロニックミュージックやヒップホップなどの低音重視のジャンルのミックスに最適です。

3年保証がついており安心して使用できます。

下位モデルK361との違いについては、本機K371は、
金属製パーツの採用しており耐久性が高いですが、重量は重くなっています。
ドライバーが異なりよりレンジが広いです。
コードは、K361と同様の1.2/3mのストレートコードに加えて、3mのカールコードが付属しています。
交換式ケーブルの端子にMini-XLR端子を採用しています。K361は、2.5mmプラグです。

機種 / メーカーK371 / AKG
タイプ密閉型
遮音性
コード片出し 交換式 ストレート 1.2m / 3m、カール 3m
プラグミニ・プラグ + 変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮
再生周波数帯域5 ~ 40,000Hz
インピーダンス32Ω
備考折りたたみ式

K371-BT-Y3

K371-BT-Y3 / AKG は、K371のワイヤレス版です。有線での接続も可能です。

ヘッドバンドは折り畳みが可能なため、コンパクトに持ち運び、保管が可能です。

外出時の普段使いとDTM用とを兼用するのに最適です。

AKGのおすすめ開放型モニターヘッドホン

K240 Studio / AKG

コスパのよいセミオープン型

K240 Studio / AKG(ア-カーゲー)は、定番のセミオープン型モニターヘッドホンです。低価格にもかかわらず、音質がよくプロの現場でも使われているモデルです。
開放型ならではの、広がりのある自然な音質です。音のバランスは、高域と中低域が強めです。開放型のためサブベースは弱いです。軽く快適な装着感です。

機種 / メーカーK240 Studio / AKG
タイプセミオープン型
音質高域と中低域が強め、サブベースは弱い
遮音性
コード片出し 交換式 3m:ストレート
プラグミニプラグ+変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮
再生周波数帯域15~25,000Hz
インピーダンス55Ω

K240 MKII / AKG

セミオープン型ヘッドホンの定番

K240 MKII / AKG(ア-カーゲー)は、定番のセミオープン型ヘッドホン K240 Studio の後継モデルです。
K240 Studio のダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上しています。
また、5mのカールコードとベロアのイヤーパッドが追加されました。

機種 / メーカーK240 MKII / AKG
タイプセミオープン型
音質高域と中低域が強め、サブベースは弱い
遮音性
コード片出し 交換式 3m:ストレート / 5m:カール
プラグミニプラグ+変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮/ベロア
再生周波数帯域15~25,000Hz
インピーダンス55Ω

K245-Y3 / AKG

定番ヘッドホン K240 MK2 の後継機

K245-Y3 / AKG は、定番のセミオープン型ヘッドホン K240 MK2 の後継機にあたる開放型ヘッドホンです。

50mmの大口径ドライバーを採用しており、開放型とは思えないほどの低域の再生能力があります。音の傾向は、低域、中域はきわめてフラット。高域は少し弱くマイルドで聴き疲れしにくい音質です。

大きなイヤーパッドには、低反発素材を仕様しておりもっちりとした快適な装着感で長時間でも快適に使用できます。

AKGヘッドホンではお馴染みの、装着するだけでヘッドバンドが伸縮する「セルフアジャスト機能」を採用しており、頭の大きさにかかわらず適切なフィット感が得られます。

特許出願中の「3-AXIS」ヒンジを搭載しており、イヤーカップをヘッドバンドの内側に重ねて折りたため、厚みを抑えてコンパクトに収納でき、持ち運びにも便利です。

ヒンジを含め、負荷がかかる部品はすべて鉄製としており耐久性があるつくりになっています。

ケーブルは交換式で、断線時にもケーブルのみを交換すればよく、安心して使用できます。

3年保証がついています。

機種 / メーカーK245-Y3 / AKG
タイプ開放型
遮音性
コード片出し 交換式 カール 5m
プラグミニ・プラグ + 変換プラグ
イヤー・パッド交換式 合皮
再生周波数帯域16 ~ 28,000Hz
インピーダンス32Ω
備考折りたたみ式

K701, K702 / AKG

開放型ヘッドホンの定番

K701, K702 / AKG は、定番の開放型モニターヘッドホンです。

開放型ならではの広がりのある自然なサウンドが得られます。音はおおむねフラットですが、高域が少し強く、低域は弱いです。

K701とK702の大きな違いは色と、ケーブル、イヤーパッドが固定/交換式であるかです。音の特性はほぼ同じです。

  • K701: シルバー、コード固定、イヤーパッド固定
  • K702: 黒、コード交換式、イヤーパッド交換式
機種 / メーカーK701, K702 / AKG
タイプ開放型
音質高域が少し強め、低域は弱い
遮音性
コード片出し 3m ストレート K701:固定 / K702:交換式
プラグK701:標準プラグ+変換プラグ/ K702:ミニプラグ+変換プラグ
イヤー・パッドK701:固定式 ベロア / K702:交換式 ベロア
再生周波数帯域10~39,800Hz
インピーダンス62Ω

K712 Pro

AKGの開放型の最高峰

K712 Pro / AKG は、AKGの開放型モニターヘッドホンの最上位機種です。

中位機種のK701, K702と比べてより、低域から高域までレンジが広く解像度もより高い、原音に忠実な音質です。開放型にもかかわらずしっかりとした低音を再生できます。

フィット感のよい低反発素材と肌触りのよいベロアを使用したイヤーパッドは装着感がよいです。イヤーパッドは、取り外して水洗いすることもできます。

柔らかく耐久性に優れた本皮を使用したヘッドバンドは、装着するだけで長さが調整され快適に使用できます。

機種 / メーカーK712 Pro / AKG
タイプ開放型
遮音性
コード片出し 交換式 ストレート:3m、カール:5m
プラグミニ・プラグ + 変換プラグ
イヤー・パッド交換式 ベロア
再生周波数帯域10~39,800Hz
インピーダンス62Ω
DTM用モニターヘッドホンおすすめ30選!選び方も解説【2021年】
1万円以下の初心者用から3万円を超えるプロ用ハイエンド品まで、DTM・ミキシング・マスタリングに最適なおすすめヘッドホンを紹介します。