Abletonが「Live 11」を発表!オーディオ編集機能が大幅に強化!

DAW

Ableton(エイブルトン)がLiveの新バージョン「Live 11」のリリースを発表しました。

Live 11 では、ボーカルなどのレコーディング・ミキシングに便利なコンピング機能の強化や、MPE(MIDIポリエクスプレッション)対応、新たな音源など様々な機能が追加されています。

Live 11 は、2021年上旬に発売。今、Live 10 を購入すると20%オフとなり、Live 11に無料でアップグレードできます。

Ableton Live 11: What’s new?

Live 11 の特徴・新機能

コンピング

Ableton / Live 11
Ableton / Live 11

レーンを使ったコンピング

連続して録音された複数のテイクを別々のレーンに表示できるようになりました。

複数のレーンからベストの部分を選択しつなぎ合わせることで、かんたんに完成テイクをつくることができます。

リンクトラック編集

2つ以上のトラックをリンクして、その内容を同時に編集することができます。

1つのパートを複数のマイクで録音した場合などに便利です。

MIDIポリフォニックエクスプレッション

Ableton / Live 11

MPEサポート

MPE(MIDI Polyphonic Expression)がサポートされました。

コードの各音にベンド、スライド、プレッシャーを加えたり、微妙な表現のバリエーションを加えたり、コード間のモーフィングを加えたり、進化するサウンドテクスチャをより簡単に作成できます。

エクスプレッションビュー

各ノートのピッチ、スライド、プレッシャーのエンベロープを編集してテイクの表現を洗練させたり、ポリフォニックなサウンドバリエーションをシーケンスすることで新しい方法でサウンドデザインを行うことができます。

MPE対応のネイティブデバイス

Wavetable、Sampler、ArpeggiatorがMPEをサポートするようにアップデートされました。

これらのデバイスやサードパーティ製プラグインの音符ごとのパラメーターをコントロールできるようになりました。

ステージ用の機能

Ableton / Live 11

Live Tempo Following

ライブのドラム演奏の音などからテンポを抽出し、Liveを同期させることができます。

マクロのスナップショット

マクロの設定を保存でき、ライブの曲ごとにかんたんに設定を呼び出したりすることができます。

マクロの改良

マクロの数を1~16個まで自由に設定できるようになりました。また、ボタンを押すだけでマクロの状態をランダムにすることができます。

シーケンスのランダム化

Ableton / Live 11

ノートチャンス

ノートやドラムがヒットする確率を設定して、Liveが時間の経過とともに変化するパターンに驚くようなバリエーションを生成します。

ベロシティ チャンス

ベロシティ確率の範囲を定義して、パターンのダイナミクスの微妙な変化を人間的に表現します。

改良されたフォローアクション

フォローアクションは、クリップの長さにリンクしたり、特定のクリップにジャンプするように設定したり、グローバルに有効化したり無効化したりすることができるようになりました。

新しいデバイス

Hybrid Reverb

Ableton / Live 11

コンボリューション・リバーブとアルゴリズム・リバーブを組み合わせたハイブリッド・リバーブは、正確な現実の環境から物理的な現実を無視した空間まで、あらゆる空間の創造を可能にします。

Spectral Resonator

Ableton / Live 11

入力されたオーディオ信号のスペクトルを部分的に分割し、その結果を周波数や音符ごとに微妙に、あるいは急進的に伸ばしたり、シフトさせたり、ぼかしたりします。

MIDIサイドチェイン入力により、ミュージシャンは素材をキーで処理したり、デバイスをポリフォニック楽器のように演奏したりすることもできます。

Spectral Time

Ableton / Live 11

音を部分音に変換し、周波数ベースのディレイに送り込むことで、メタリックなエコーや周波数シフト、リバーブのような効果を生み出します。

フリーズ機能は、 フリーランまたはビートに合わせてオーディオのスライスをキャプチャして保持することで、吃音、グリッチ、ウォッシュアウトの効果が得られます。

PitchLoop89

Ableton / Live 11

ジッターなグリッチエフェクト、ディレイされたデジタルシマー、奇抜なビブラートを作ります。Robert Henkeとのコラボレーション。

Inspired by Nature

自然界の物理現象からアイデアを取り入れた、遊び心あふれる6種類インストゥルメントとエフェクト。Dillon Bastanとのコラボレーション。

Vector FM
Ableton / Live 11

音の分子で表されるFMオシレータのさまざまな組み合わせを操ります。 音の動きとボイス数を自由に試して、めくるめく変わり続けるモジュレーションとテクスチャーを生み出します。

Vector Grain
Ableton / Live 11

モジュレーションの様子を可視化する操作画面上で音の分子を動かすグラニュラールーパー。引力や磁力で音の分子を自由に操作したり、音の分子の分布図でループを組んだりと、新しいアプローチの音作りを提供します。

Vector Delay
Ableton / Live 11

音の分子のひとつひとつを可視化するマルチタップ・ディレイ。分子ごとに異なるディレイを適用し、音の動きを物理的な力で操作することでピッチシフト・リバースディレイなどの効果を生み出します。

Emit
Ableton / Live 11

スペクトログラム全体に散らばる音の分子を使って、再生中のサンプルのグレインを可視化するグラニュラーシンセサイザー。グレインを縦方向に動かすことで、フィルターとパンニングを表現します。

Tree Tone
Ableton / Live 11

植物のフラクタル模様に着想を得た、パターン制作デバイス。できあがったパターンでウェーブテーブル方式のオシレーターを鳴らしたり、レゾネーターとして使用して入力音を共鳴させたりと、多彩な可能性を秘めています。

Bouncy Notes
Ableton / Live 11

ピアノロールで球体を上下させてピッチシフトディレイやアルペジオの効果を生み出す、“重力”をもとにしたMIDIシーケンサー。

新しいサウンド

Voice Box

複数の声の現代的なボーカルサンプルの包括的なコレクション、再生可能なボーカル楽器のセット、ボーカル処理のためにデザインされたエフェクトラック。

Mood Reel

有機的、合成的なサウンドとテクスチャー要素を組み合わせた刺激的なレイヤリングインストゥルメントで、作品にムード、空間、動きを加えます。

Drone Lab

音色とテクスチャーのサンプル、ジェネレーティブノイズ、マルチサンプルのインストゥルメント、実験用にデザインされたデバイスとエフェクトラック。

Upright Piano

Upright Pianoは、親密な雰囲気のためにクローズドレコーディングされています。Spitfire Audioとのコラボレーションによるものです。

Brass Quartet

この楽器は、金管カルテットの自然な息づかい、表現の幅、幅広い音色を強調しています。Spitfire Audioとのコラボレーションによるものです。

String Quartet

2つのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの組み合わせは、すぐに親しみやすいサウンドで、音の探求の出発点としても最適です。Spitfire Audioとのコラボレーションによるものです。

その他の追加と更新

クリップ編集の改良

ミュージシャンは、複数のクリップのループを同時に編集したり、1つのクリップにフォーカスしたり、1つのピアノロールからアレンジ全体を簡単にトランスポーズしたりすることができます。

改良されたCPUメータリング

Liveに現在のCPU使用率と平均的なCPU使用率が表示されるようになりました。

トラックごとのCPUメーターは、セット内のどのトラックが最も処理能力を使っているかを示します。

キーとスケール

どのノートがキーにあるかを見たり、ピアノロールを折りたたんでそれらのノートだけを表示したりすることで、ミュージシャンがLiveのMIDIエディタで直接スケールをガイドやリファレンスとして使用できるようになりました。

クリップ詳細ビューの改良

クリップ詳細ビューの新しいタブと折り畳みパネルにより、オーディオとMIDIクリップの関連するパラメータやプロパティの概要がより明確になり、アクセスできるようになりました。

デバイスの更新

Redux、Phaser-Flanger、Chorus-Enembleを含むLiveにすでに搭載されているデバイスは、範囲が広がり、新しいモードが追加されたので、より多くのサウンドが追加され、それぞれのデバイスがより音楽的で、使用するセッションで使えるようになりました。

アップデートされたコアライブラリ

Liveのコアライブラリには、現代的な音楽制作に焦点を当てた新しいドラムキット、インストゥルメントラック、オーディオエフェクトラック、グルーブ、プリセット、ループが追加されました。

更新されたパック

Liveの現在のライブラリから選択されたパックには、新しいMIDIドラムグルーブ、MIDIコード、リック、プロのキーボードプレイヤーが演奏するベースライン、ミックス可能なプリセットなどが含まれています。

Ableton Liveの特徴やLite, Intro, Standard, Suiteの違い・選び方を解説!
「Ableton Live は、何ができる?」「他のDAWとの違いは?」「どのグレードを選べばいい?」という方のために、Ableton Liveの特徴や選び方について解説します。
DAWおすすめ6+4選!比較して解説【初心者向け・2020年】
DTM初心者の方向けのおすすめDAW・DTMソフト6選を紹介します。DAWの世界シェアについても紹介しています。