Mu / Pulsar Audio – 真空管コンプの名機 Manley Variable Mu のクローンプラグイン!レビューとセール情報

VSTプラグイン
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Pulsar Muのセール情報・安く買う方法

Pulsar Audio のセール情報は下記ページにまとめています。

【4/22までスプリングリバーブPrimaveraがイントロセールで40%オフ】Pulsar Audioのセール情報まとめ!おすすめプラグインの紹介・レビュー
この記事では、Pulsar Audioの最新セール・過去のセール情報をまとめています。 また、おすすめのプラグインも紹介しています。 「Pulsar Audioのセールはいつまで?」 「Pulsar Audioのセール時期は?」 「Puls...

Pulsar Mu とは

pulsar mu

Pulsar Mu は、真空管コンプの名機 Manley Variable Mu Limiter Compressor のクローンプラグインです。

Variable Mu は、マイルドで透明感のあるコンプレッサー/リミッターです。バストラック、マスタートラックでグリュー感を与え、締りのあるサウンドにするのに最適です。また、真空管ならではの暖かみや存在感のある音にすることもできます。

Variable Mu には、レシオのパラメーターがなくCompモードでは約1.5:1、Limitモードでは4:1から開始し、12dB以上のリミッティングでは最大20:1となります。ソフトニーで、アタック、リリースの反応は遅めです。

M/S処理にも対応しており、Midを圧縮してワイドなサウンドにしたり、Sideを圧縮してモノラル寄りなサウンドにしたりすることができます。

圧縮量は、Dual InputとThresholdのバランスによって決まります。Dual Inputを上げると真空管による音の歪みがより強くなります。

Plusarは、2017年にフランスで設立された比較的新しいプラグインメーカーです。アナログ機の再現度が高く、エンジニアからの評価が高いメーカーです。

Pluser Muは、実機の機能をすべて再現した上で、サイドチェインのEQや、ルックアヘッド・ルックビハインド、サイドチェインやM/Sなどをモニタリングするリッスン機能、音量と圧縮量を示すディスプレイを追加し、プラグインならではの使いやすい仕様となっています。

Plusar Mu は、実機のサウンドの再現度が高く、また、プラグインならではの機能も追加された使い勝手のよいコンププラグインです。真空管ならではのサウンドでミックス、マスタリングのクオリティを上げたい方におすすめです。

Mu
Pulsar Audio
Mu

Pulsar Mu の特徴

業界標準のチューブコンプレッサ

現代的でありながら伝説的なチューブコンプレッサー/リミッターの最も忠実なエミュレーション–ミキシングとマスタリングに最適な接着剤。

可変バイアスチューブコンプレッサを使用する理由はいくつかあります。1つは、この種のコンプレッサーが極端なゲイン低減に追い込まれた場合でも達成できる並外れた圧縮透明性です。もうひとつの、そしておそらく最も一般的なのは、バス、ミックス全体、マスターに結束力や「接着剤」を加える能力です。

残念ながら、元のハードウェアは高価であり、「ボックス内」ワークフローと統合するのは困難です。ソフトウェアエミュレーションは存在しますが、ハードウェアのほとんどの所有者は、常に「何か」が欠けているため、元のユニットと比較できないことに同意しています。

独自のトポロジー保存テクノロジーにより、Pulsar Muはあらゆる生産コンテキストでハードウェアと客観的に同じサウンドを実現し、信号対雑音比の向上などの改善も行います。

クラシックの改善

Pulsar Muは、左/右モードまたは中/サイドモードで動作するステレオコンプレッサーで、ミキシングおよびマスタリングアプリケーションを念頭に置いて設計されていますが、トラッキングにも十分な柔軟性があります。レベリング、制限、またはエミュレートされたチューブ信号パスでアナログの暖かさを少し追加するために使用できます。

Pulsar Muは、元のユニットの正確なSIFAM測光を再現しながら、圧縮設定を微調整するためのより現代的な視覚化モードも提供し、波形とゲインの減少を経時的および瞬時に表現します。

パルサーミューは、サイドチェーン信号に適用されるさまざまなオプションも提供します。元のデバイスの人気のあるmodはハイパスフィルターを追加することでしたが、Muはさらに進んで、より完全なイコライゼーションセクションを提供し、4つのノブだけで低音、中音域、高音に対するコンプレッサーの応答を正確に調整できるようにします。

別の追加は、サイドチェーン信号を前進(先読み)または遅延(後方)する可能性です。これにより、トランジェントを究極的に制御し、コンプレッサがトランジェントが発生する前に反応を開始し、発生後も反応を開始できるため、あらゆる種類のクリエイティブな用途が可能になります。

それはどのように聞こえますか?

  • 透明だが音楽的: パルサームーの音は、温かみのある感触で印象的に透明です。FETやVCAコンプレッサーとは異なり、極端な設定でもソフトで音楽的な方法で過渡現象を管理します。Muを使用すると、ソースの自然なダイナミクスを尊重しながら動きを追加できます。
  • マスタリング: Muの最も古典的な使用法はマスタリングです:それは控えめな「ポリッシュ」と「グルー」をもたらして、どんなミックスも微妙にウォームアップします。レベラー(ロングアタックとリリース)、接着剤を追加するコンプレッサー(スローアタックとファストリリース)、またはリミッター(ファストアタックとファストリリース)として透過的に使用できます。ミッド/サイドモードでMuを使用すると、ステレオイメージを増やしたり、過度に広いミックスを縮小したりする別の方法が得られます。
  • ドラムバス:Pulsar Muは、キックドラムのトランジェントも含め、トランジェントを尊重しながら、まとまりのあるドラムバス処理に必要な「接着剤」をすばやく作成できます。選択したゲインリダクションとリリース時間に応じて、特にパラレルコンプレッサーとして使用する場合、特定のスタイルの音楽に不可欠な部屋の雰囲気を復元できます。
  • アコースティックギター:アコースティックギターでは、ゲインリダクション設定が比較的低いため、パルサーミューは楽器のトランジェントを尊重しながら、素晴らしい有機的なグルーブを作成します。この繊細さは、鈍くて硬いギタートラックを活気づけ、エッジと個性を与えるのに役立ちます。
  • スネアドラム:Pulsar Muは、ミックスを突破するために不可欠なトランジェントを維持しながら、薄いスネアドラムのサウンドにボディと一貫性を与えることができます。少し強く押すと、Muはサステイン、高調波、さらには雰囲気を回復するのに役立ちます。
  • ボーカル:Pulsar Muは、特にかなり高い入力と中程度のアタックとリリースで、ボーカルで特に良い音がします。それは彼らにアナログスタイルの暖かさを与え、密集したミックスでも自然に座るのを助けます。

Pulsar Mu の機能

トポロジー保存技術

Pulsarのモデリング技術は、元のデバイスの動作の完全なエミュレーションを保証します。変圧器の磁束の飽和からチューブの正確な応答、小さな校正欠陥の影響まで、すべてが完全に再現されています。

外部サイドチェーン

Pulsar Muは、デジタル時代のすべてのコンプレッサーが行うべきであるように、外部サイドチェーン入力を定義することができます。これにより、ダッキング、デエッシング、お気に入りのEQによるサイドチェーン信号のフィルタリング、さらには動的処理の適用など、非常に幅広いアプリケーションが開かれます。

ミッドサイド処理

Pulsar Muには、オプションのM / Sエンコーディングとデコードが組み込まれており、中央にパンされたサウンドと側面にパンされたサウンドを異なる設定で別々に処理できます。さらに、「リッスン」ボタンを使用すると、ミッドまたはサイドのみを聴くことができるため、設定が簡素化され、最新のビジュアライゼーションは、作業中のチャンネルのみを監視するように設定できるため、自分が何をしているのかを常に知ることができます。

ルックアヘッド・ルックビハインド

この革新的な機能により、ゲイン低減信号のタイミングを入力に対してシフトすることができます。先読みにより、ムーは再生される前でもトランジェントに反応し始め、完全な制限を保証します。逆に、ルックビハインドはゲインの減少を遅らせるため、高速トランジェントを未処理のままにしておくことができ、対応するGRピークの発生が遅すぎます。これにより、たとえばMuの後のトランジェントへのクリッピングなど、さまざまな可能性が開かれます。

フレキシブルサイドチェーンイコライザー

サイドチェーンイコライゼーションセクションはシンプルですが効率的です。ハイパスフィルターで低周波数がコンプレッションをトリガーしないようにすることでミックスを呼吸させ、パラメトリックベルフィルターでボーカルやその他の楽器への応答を調整し、ポジティブまたはネガティブのハイシェルフフィルターでトップエンドの影響を制御できます。

低CPU消費

Pulsarチームは、内部の非常に複雑なアルゴリズムにもかかわらず、システムリソースをほとんど消費しないように、処理の最適化にばかげた時間を費やしました。パルサーミューは、CPUの機能を最大限に活用して、より少ない労力でより多くのことを行います。しかし、コンピュータがそれを我慢でき、苦しめることを楽しんでいる場合は、いつでもオーバーサンプリングをオンにして、最大384kHzで処理できます。

Mu
Pulsar Audio
Mu

【4/22までスプリングリバーブPrimaveraがイントロセールで40%オフ】Pulsar Audioのセール情報まとめ!おすすめプラグインの紹介・レビュー
この記事では、Pulsar Audioの最新セール・過去のセール情報をまとめています。 また、おすすめのプラグインも紹介しています。 「Pulsar Audioのセールはいつまで?」 「Pulsar Audioのセール時期は?」 「Puls...

【フリーあり】コンプレッサープラグインおすすめ18選【2024年】
コンプレッサーにはたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか分かりにくです。 そこで、この記事では、おすすめのコンプレッサーVSTプラグインソフトを紹介します。 デジタルコンプ Pro C2 / FabFilter Pro-C2は、グラフィ...

https://dtmhacker.com/plugin-boutique/

主な特徴