Amplitube 5 / IK Multimedia レビュー!人気アンプシミュレータープラグイン

VSTプラグイン

この記事では、IK Multimedia社の、人気ギターアンプシミュレーター/マルチエフェクター・プラグイン「AmpliTube 5」について解説します。

Amplitube 5 の特徴

IK Multimedia / Amplitube 5
IK Multimedia / Amplitube 5
IK Multimedia / Amplitube 5
IK Multimedia / Amplitube 5
IK Multimedia / Amplitube 5
IK Multimedia / Amplitube 5
AmpliTube 5 – Overview

「Amplitube 5」は、人気のアンプシミュレーター/マルチエフェクター・プラグイン「AmpliTube」の新バージョンです。

AmpliTube 5 MAXバージョンには、129の新モデルが追加され、合計で400以上のアンプ、エフェクターが搭載されています。

GUIは、人間工学に基づいた全く新しいレイアウトに更新されました。また、完全にスケーラブルになり、最新のRetinaディスプレイを含むあらゆるディスプレイ・サイズに対応しています。

インパルスレスポンス(IR)の収録のために新たに開発されたVIR(Volumetric Impulse Response)技術により、キャビネット・モデルのスピーカーごとに600個、合計で143,000個のインパルスレスポンスを収録しています。

これにより、マイクを配置するための3次元グリッド・インターフェースが可能になりました。また、独自のIRをインポートしてロードすることも可能になりました。

これにより、マイクを配置を自由に設定できる3次元グリッド・インターフェースが可能になりました。キャビネット・セクションの可動マイクを正確なIRポイントにスナップしたり、複数の測定値をシームレスにブレンドしたりすることができます。

さらに、ユーザーは独自のインパルス・レスポンスをインポートしてロードし、希望のトーンにマッチするように微調整することができるようになりました。

また、拡張されたフレキシブルなシグナルチェーンが用意されており、ウェット/ドライ/ウェットのコンフィギュレーションを展開したり、より複雑なセットアップを試すことができます。

シグナルチェーンには、最大で57個のエフェクター、アンプを同時に使用できます。

AmpliTube 5はデスクトップアプリとしてもDAW用プラグインとしても使用可能で、無料のAmpliTube 5 Custom ShopからAmpliTube 5 MAXまで、あらゆるニーズに合わせて4つのバージョンが用意されています。