Levels / Mastering The Mix – ピーク、LUFS、ダイナミックレンジなど6種類の項目をチェックできるアナライザープラグイン!レビューとセール情報

VSTプラグイン
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Levels のセール情報・安く買う方法

Mastering The Mix のセール情報は下記ページにまとめています。

【6/16までAnimate, Fuserが最大47%オフ】Mastering The Mixのセール情報まとめ!おすすめプラグインの紹介・レビュー
この記事では、Mastering The Mixの最新セール・過去のセール情報をまとめています。 また、おすすめのプラグインも紹介しています。 「Mastering The Mixのセールはいつまで?」 「Mastering The Mix...

Levels とは

Levels / Mastering The Mix

Levels は、6種類の項目(Peak, LUFS, ダイナミックレンジ, Stereo Field, ラウドネスレンジ, Bass Space)をチェックできるアナライザープラグインです。

Levelsを使うとミキシング・マスタリング・エンジニアでなくても、ミキシング・マスタリング時にトラックに問題がないかどうかをかんたんに確認できます

Levelsをマスタートラックに挿し、左下のプリセットから対象となる出力フォーマットを選択し、曲を再生すると問題のある項目が赤く表示されます。

プリセットには、Spotify、Youtube、Apple Music、CD、Clubなどがあります。

上部のボタン(M、L、Mono、R、S)をクリックすると、それぞれMid、Left、Mono、Right、Sideをソロで聞くことができます。

Peakは、16倍のオーバーサンプリングによりトゥルーピークを計測し、マスターがクリップしないことを確認します。

LUFSは、ショート・タームLUFSとインテグレーテッドLUFSを計測し、出力フォーマットに対してラウドネスが適切かどうかを確認します。

Dynamic Rangeは、短期LUFSとピークレベルによりダイナミックレンジを計測し、トラックが圧縮されすぎていないかを確認します。圧縮されすぎていると中央のオシロスコープが緑色からオレンジ色・赤色に変化します。

Bass Spaceは、キックとベースのためのスペースが確保されているかどうかを確認します。キックとベースのトラックをミュートしてから曲を再生すると、キックとベース以外のパートの低域が強すぎないかどうかを確認できます。

LRAは、曲のセクション間でのラウドネスの差(ラウドネスレンジ)を計測し、曲に十分な抑揚があるかを確認します。ラウドネスレンジが3LU以下になるとスコープの波形が、緑色からオレンジ色・赤色に変化します。ラウドネスレンジは小さいからといって、必ずしも問題であるというものではありません。ミニマルなダンストラックなど、変化の少ない曲の場合はラウドネスが小さくても問題ありません。

Stereo Fieldは、トラックのステレオイメージが適切であるかを確認します。中央に広がりを示すベクトルスコープ、左に位相の相関を示すコリレーションメーター、下に左右の音量バランスを示すL/Rメーターを表示します。

Levels
Mastering The Mix
Levels

Levels の特徴

ミックスの技術的問題を特定する

自分の音楽がもっといい音で聴けるのに、と思ったことはありませんか?ミキシングやマスタリングでは、技術的な細部にこだわる必要があるため、ミスが起こりがちです。LEVELSにはCD、クラブ、ストリーミング、Youtubeなどのプリセットがあり、あなたの音楽がどこで聴いても素晴らしいサウンドになるようにサポートします。

ピーク

  • 真のピークメーター(16倍のオーバーサンプリング)により、マスターがクリップしないことを確認。
  • 標準的なピークメーター。完璧な最終ミックスのために-6dB以下に保つ

LUFS

  • EBU R128 準拠の内蔵および短期LUFSメーター。知覚ラウドネスを分析する最も正確な方法。

ステレオフィールド

  • ステレオ幅を視覚化するベクトルスコープ。
  • 位相の問題をモニターする相関計。
  • 左右のメーターでミックスのバランスを評価。
  • ローパスボタンは300hz以下の低域をソロにするので、ステレオの幅がわかります。

ダイナミック・レンジ

  • 音楽が圧縮されすぎているかどうかを即座に確認できる
  • 音楽がダイナミックであれば、オシロスコープが緑色に光ります。
  • DR’ダイナミック・レンジ表示は、信頼性の高いShort Term LUFS対ピーク比に基づく。

ラウドネス・レンジ

  • EBU R128準拠のラウドネス・レンジ・メーターにより、トラック内の様々なセクション間のラウドネスの違いをモニター。

低音スペース

  • 不要な低周波を出力しているチャンネルがあるかどうかを確認します。
  • ローエンドをクリーンアップし、トラックにパンチと明瞭さを与える。
  • 40Hz、80Hz、120Hz、160Hzのレベルメーター。

Levels の機能

  • デザイン – Retina対応。応答性の高いユーザーインターフェイス。
  • シンプルさ – 各セクションの直感的なビジュアルにより、あらゆる問題を素早く診断し、修正することができます。
  • 時間の節約- LEVELSは問題に注意を向けるだけです。
  • パフォーマンス- CPUが非常に低い。セッションに多くのプラグインがある場合に有利です。
  • 価格- 音楽キャリアのあらゆる段階にあるプロデューサーにとって手頃な価格。
  • カスタマイズ- お客様のニーズに合わせて調整可能な設定。
  • 利便性- ミキシングとメータリングに欠かせない7つのツールが1つのプラグインに。
  • 学ぶ- 行き詰まったら、(?)をクリックして問題の解決方法を学んでください。

Levels
Mastering The Mix
Levels

【フリーあり】アナライザーVSTプラグインおすすめ10選【2024年】
この記事では、おすすめのアナライザープラグインソフト(VST, AU, AAX)を紹介します。 おすすめアナライザーVSTプラグインソフト Loudness Penalty / MeterPlug Loudness Penalty は、Yo...

https://dtmhacker.com/plugin-boutique/