Sequentialがアナログポリシンセの名機「Prophet-5」の新バージョンを発表!

シンセサイザー

Sequential がアナログポリフォニックシンセサイザーの名機「Prophet-5」の新バージョンを発表しました。

また、ボイス数を倍の10に増やした「Prophet-10」も発表しています。

発売日は2020年10月、価格はProphet-5が$3,499、Prophet-10が$4,299となります。

Sequential Prophet-5: The Legend Returns
THE NEW PROPHET 5 REISSUE – JULIAN "J3PO" POLLACK DEMO

Prophet-5とは

Prophet-5 は、1978年にSequential Circuits社から発売された5音ポリフォニックのアナログシンセサイザーです。

史上最も有名なアナログポリシンセのひとつです。

オリジナルを忠実に再現した新Prophet-5は、2つのマルチ波形アナログ・オシレーター、共振するアナログ・ローパス・フィルターとアンプ、各ボイスごとにフィルターとアンプのエンベロープを備えた5つのボイスを搭載しています。

モジュレーションはマルチ波形のLFOとポリ・モッドによって提供され、フィルター・エンベロープとオシレーターBをフィルター・カットオフ周波数、オシレーターAの周波数、オシレーターAのパルス幅など、様々な行き先にルーティングすることができます。

新Prophet-5にはオリジナルの純正カーティスVCOとフィルター(Prophet-5 Rev3で使用されているもの)、そしてProphet-5 Rev1とRev2のためにデザインされたSSM 2040 と同等のSSI 2140フィルターが搭載されています。

Sequential社によると

「私たちは、オリジナルの3つのリビジョンをすべて具現化することで、新しいProphet-5をすべてのProphetsの中で最高のものにしました。これは、フロントパネルにRevスイッチを追加することで、お好みのフィルターを選択できるようにしたのです。

また、オリジナルのP-5のサウンドを有機的で生き生きとしたものにしているものは何かを研究しましたが、その多くは個々のオシレーター、フィルター、エンベロープの応答時間や周波数の変動や違いによるものであることがわかりました。そこで、昔のようにそれらをすべて緩めてくれるVintageノブも追加しました。

“Prophet-5 Rev4 “のように非常に安定した “4 “から、Prophet-5 Rev1のように最も気難しい “1 “まで、段階的にヴィンテージ感を高めていくことができます。完全なビンテージ体験のためにオリジナルのファクトリー・サウンドセットも収録しています。」

とのこと。

その他のモダンな機能強化としては、キーボードのベロシティ感度とアフタータッチ、MIDIとUSB接続などがあります。モジュラーシンセや他のギアを接続するためのコントロール電圧とゲートイン/アウトもあります。

新Prophet-5は、スチールと手作業で仕上げたサステイナブル・ブラック・ウォールナット・ハートウッドのボディに収められ、5オクターブ、セミウエイトのFatar鍵盤を搭載しています。

Prophet-5の設計者デイブ・スミス氏は、Prophet-10もリリースすることを決定した理由を次のように説明しています。

「私は当初、初代プロフェットを5ボイスと10ボイスの両方でデザインしました。しかし、大量生産を実現したのは5ボイスモデルでした。しかし、5ボイスモデルは大量生産に成功したモデルでしたが、10ボイスモデルを再導入して、その輪を完全なものにすることは、楽しくて適切だと考えました。」

両モデルとも10月に発売予定。価格はProphet-5が3,499ドル、Prophet-10が4,299ドルです。