リング・モジュレーターの機能と使い方

リング・モジュレーター(Ring Modulator)は、金属的な音をつくるエフェクターです。

スポンサーリンク

仕組み

リング・モジュレーターは入力された音に、サイン波などのモジュレーター信号を掛け合わせて振幅を変調します。

その結果、入力された音の周波数と、モジュレター信号の周波数との和と差の周波数の音が生成されます。生成された音の周波数の比は、多くの場合、非整数倍になるため音色が金属的になります。

例えば、入力された音の周波数が 1,000Hz、モジュレーター信号の周波数が 100Hz だった場合、出力される音の周波数は 900Hz と 1,100Hz になります。

パラメーター

リング・モジュレーターのパラメーターには、以下のものがあります。

レイト

レイト(Rate)は、モジュレーター信号の周波数を調整します。

波形

モジュレーター信号の波形を選択します。

ドライ/ウェット

ドライ/ウェット(Dry/Wet)は、原音(ドライ音)と変調をかけた音(ウェット音)との音量のバランスを調整します。