DTM

DTM

DTM・音楽スタジオ用おすすめ吸音材!貼り方・位置も解説!

吸音材を正しい位置に貼っていますか?DTM・音楽スタジオでの吸音材の効果的な設置位置について解説し、おすすめ吸音材を紹介します。
DTM

DTM・ミキシングに適した部屋の選び方

DTM・ミキシングをするとき、適切な部屋を選ばなければ、よいモニター・スピーカーやオーディオ・インターフェースを使用しても、その性能を活かすことはできません。この記事では、DTM・ミキシングに適した部屋の選び方について解説します。
DTM

モニタースピーカーの置き方 おすすめスタンドも紹介

モニタースピーカーの置き方を間違えていませんか?この記事では、スピーカーの正しい設置位置について解説します。
DTM

DAW(デジタルオーディオワークステーション)とは

DAWとは、Digital Audio Workstation(デジタル・オーディオ・ワークステーション)の略で、音楽制作用の統合型ソフトウェアのこと。作曲から、最終的なオーディオ・ファイルの作成まで、音楽制作に関する、ほぼ全ての作業ができます。
DTM

物理モデル音源とは? 仕組み、使い方を解説

物理モデル音源とは、シンセサイザーの音響合成方式のひとつで、生楽器の物理的な構造をシミュレートすることで、音色を合成する方式のことです。
DTM

東海岸シンセシス、西海岸シンセシスとは

東海岸シンセシス、西海岸シンセシスとは、1960年代にアメリカの東海岸と西海岸で生まれたシンセサイザーの方式のことです。東海岸シンセシスは Moog、西海岸シンセシスは Buchla によって確立されました。
DTM

シンセサイザー、電子ピアノ、エレクトーン、キーボードの違いを比較して解説!

「シンセサイザーと電子ピアノ、エレクトーン、キーボードって何が違うの?」「どれを選べばいい?」という方のために、それぞれの違いを比較して解説します。
DTM

LFOの仕組みと使い方

LFO(Low Frequency Oscillator)とは、低周波発信機という意味で、ビブラートやトレモロ効果などを出すために使う制御信号を生成するものです。
DTM

Bus, Aux, Send / インサートエフェクト、センドエフェクトとは?

DAWのBus、Aux 、Send / インサートエフェクト、センドエフェクト / プリフェーダー、ポストフェーダーについて解説します。
DTM

ビット・デプス、サンプリング・レートとは

ビット・デプスとサンプリング・レートは、連続的なアナログ・オーディオ信号を不連続なデジタル・オーディオ信号に変換するときの解像度の単位です。