DTM

DTM

【初心者向け】DTM環境の作り方!必要な6つの機材を解説

「DTMを始めたいけど、どんな機材が必要?」「そもそもDTMって何?」「DTMとDAWの違いは?」というDTM初心者の方のために、DTMに必要な機材について解説します。
DTM

物理モデル音源とは

物理モデル音源とは、シンセサイザーの音響合成方式のひとつで、生楽器の物理的な構造をシミュレートすることで、音色を合成する方式のことです。
DTM

東海岸シンセシス、西海岸シンセシスとは

東海岸シンセシス、西海岸シンセシスとは、1960年代にアメリカの東海岸と西海岸で生まれたシンセサイザーの方式のことです。東海岸シンセシスは Moog、西海岸シンセシスは Buchla によって確立されました。
DTM

シンセサイザーと電子ピアノ、エレクトーン、キーボードとの違い

シンセサイザーとは、電子回路やコンピューター・プログラムによって音を合成する楽器のことです。この記事では、シンセサイザーと電子ピアノ、エレクトーン、キーボードとの違いについて解説します。
DTM

DTMにおすすめのトラックボール式マウス 2018/2019

DTMには、普通のマウスではなく、トラックボール式マウスがおすすめです。手に負担がかからず快適に作業できます。
DTM

LFOの仕組みと使い方

LFO(Low Frequency Oscillator)とは、低周波発信機という意味で、ビブラートやトレモロ効果などを出すために使う制御信号を生成するものです。
DTM

DTM用おすすめモニターヘッドホン 2018/2019

DTMでのミックス・マスタリングには、周波数特性がフラットなモニターヘッドホンが必要です。この記事では、モニターヘッドホンの選び方とおすすめ機種を解説します。
DTM

Bus, Aux, Sendの機能と使い方

Bus、Aux、SendはDAWの中でオーディオ信号をどのようにルーティングするかを扱う機能です。
DTM

ビット・デプス、サンプリング・レートとは

ビット・デプスとサンプリング・レートは、連続的なアナログ・オーディオ信号を不連続なデジタル・オーディオ信号に変換するときの解像度の単位です。
DTM

コンプレッサーの機能と使い方

コンプレッサーは音を圧縮するエフェクターです。この記事では、コンプレッサーの仕組みや目的、使い方などについて解説します。