ミキシング

ミキシング

ミックスの音圧を上げる6つの方法

ミックスの音圧を上げるには、それぞれのパートに十分なスペースを確保し、そのスペースを有効に使う必要があります。この記事では、音圧を上げるための6つの方法について解説します。
ミキシング

DTMでの耳の疲れを防ぐ方法

大きな音量で音楽を聴き続けていると耳が疲れます。疲れた耳では、適切なモニタリングができません。この記事では、耳の疲れを防ぐ方法を解説します。
ミキシング

ミックスのステレオ感を左右に広げる9つの方法

「ミックスに広がりを出すにはどんな方法がある?」「ステレオ感をワイドに広げるのに使えるエフェクターは何?」という方のために、広がりのあるワイドなミックスをつくる方法を解説します。
ミキシング

音楽をミックスする基本的な8つの手順

「ミキシングは何から始めればいい?」「ミキシングの順番は?」「ミキシングの目的は?」という方のために、ミキシングの目的、手順について解説します。
ミキシング

キックとベースをミックスする方法

キックとベースは、現代の音楽において最も重要なパートといえます。この2つのパートをミックスするのは、ミキシングの中でも最も難しい工程のひとつです。 この記事では、キックとベースをうまくミックスする方法について解説します。 キックとベース...
ミキシング

マルチバンドコンプレッサーの仕組みと使い方

マルチ・バンド・コンプレッサーとは、オーディオ信号を複数の帯域に分けて、それぞれの帯域に別々のコンプレッサーをかけられるエフェクターです。この記事では、マルチ・バンド・コンプレッサーの仕組みと使い方について解説します。
ミキシング

バスコンプの使い方・コツ

バスコンプは、ゆるめにかけるのがコツです。この記事では、バスコンプの適切な設定方法について解説します。
ミキシング

コンプレッサーとEQ・イコライザーのおすすめの順番

コンプレッサーとイコライザーをつなぐ順番でおすすめなのは、EQ (不要な帯域をカット) > コンプ > EQ (細かな音質調整) です。この記事では、この順番がなぜおすすめなのかを解説します。
ミキシング

ミックスに奥行き・立体感をつくる4つの方法

奥行きや立体感のあるミックスは、4つのパラメーターを調整すれば簡単につくれます。この記事では、音を前に出したり、後ろに下げたりして、奥行きや立体感のあるミックスをつくる方法を解説します。
ミキシング

ミキシングでのEQ・イコライザーの使い方

イコライジングはミキシングにおいて、音の分離やクリアさを決定する重要な工程です。この記事では 、イコライザーの仕組み、種類、ミキシング時の使い方について解説します。