ビット・デプス、サンプリング・レートとは

ビット・デプス(Bit Depth)とサンプリング・レート(Sampling Rate)は、連続的なアナログ・オーディオ信号を不連続なデジタル・オーディオ信号に変換するときの解像度の単位です。

ビット・デプスは振幅方向に何段階で区切るかを指し、サンプリング・レートは時間方向に何段階で区切るかを指します。

ビット・デプスが 16bit の場合、振幅方向の -1.0~1.0 の間を 2の16乗=65,536 段階で区切ることを意味します。サンプリング・レートが 44.1kHz の場合は、1秒間のオーディオ信号を 44,100 段階で区切るということを意味します。

ビット・デプス、サンプリング・レート共に大きくなるほど、音質が向上します。しかし、データ量が増えるためCPU負荷が大きくなりDAWの動作が重くなるということと、ファイルサイズが大きくなるというデメリットがあります。